加工肉市場、2028年に7,874億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の加工肉市場は、2022年に5,678億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は5.7%のCAGRで成長し、2028年には7,874億米ドル規模に達すると予想されています。

加工肉は、複数の添加剤で改良・強化された食肉製品を指します。最も一般的に使用される添加剤には、塩、砂糖、油、ミネラル、酸味料、香味料、保存料混合物、その他調味料などがあります。食肉の熟成は、味と品質を向上させ、保存期間を延ばし、全体的な風味を高めるために行われています。また、食肉は調理、燻製、発酵などの加工が施され、後日、製品に不要な微生物が繁殖する可能性を低減するのに効果的です。これらの食肉加工品は、タンパク質、ビタミン、ミネラル、セレン、コリン、ナイアシン、リボフラビンなど、必須栄養素を豊富に含んでいます。豚、鶏、牛、魚介類などの赤肉、白肉など、さまざまな種類の生肉を組み合わせて、ベーコン、ソーセージ、サラミ、ホットドッグ、ビーフジャーキー、肉缶詰、肉入りスナックなどに加工することができます。これらの製品には高濃度のコレステロールや保存料が含まれており、健康に悪影響を及ぼすと考えられていますが、加工肉に関連する風味の向上と利便性が市場の成長を大きく牽引しています。

調理済み製品の人気の高まりが加工肉市場の主要なトレンドとなっている

加工肉市場は、世界中で高まっている調理済み食肉製品の需要によって主に牽引されています。これは、急速な都市化、一人当たりの所得水準の上昇、大衆の食生活の変化により促進されています。また、社会人の多忙なライフスタイルも、加工肉の売上増加に拍車をかけています。このほかにも、動物性タンパク質に対する消費者の需要が大幅に伸びています。これは、栄養価の高いパッケージ製品の消費に対する消費者の意識が高まっていることに起因しています。市場はさらに、世界各国の料理の人気の高まりによって牽引されています。世界各地でオンラインストアや組織化された小売店が急速に増加していることもあり、市場には明るい展望がもたらされています。また、数多くのクイックサービスレストラン(QSR)チェーン、レストラン、ホテル、各種小売店やコンビニエンスストアが、加工肉を主要成分とするさまざまな製品を提供しています。そのため、世界的な食品市場の拡大も相まって、加工肉市場の成長が加速しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]