エビ市場、2028年に970万トン規模到達見込み

市場の概要

世界のエビ市場は、2022年に810万トンの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は3.2%のCAGRで推移し、2028年には970万トン規模に達すると予想されています。健康的な食生活を取り入れる人が増えていること、新鮮で高級なエビを販売するECサイトや流通チャネルが増加していること、風味豊かなシーフードを販売するレストランやパブ、ファストフードチェーンが増加していることなどが、市場を牽引する重要な要因となっています。

エビは、長い尾と触角、多数の脚を持つ海産十脚甲殻類で、岩場や浅瀬に生息しています。腐敗した海藻や死んだムール貝を食べ、タンパク質、リン、銅、亜鉛、マグネシウムを豊富に含んでいます。また、酸化ストレスの軽減、免疫力の向上、皮膚や髪の状態の改善に不可欠なセレンなどの抗酸化物質を含んでいます。ビタミンB12は、遺伝物質の健康な状態を保ち、神経細胞を改善し、巨赤芽球性貧血を予防するのに不可欠です。エビは、骨を丈夫にし、体の筋肉量を増やすのに役立ちます。このほか、ビタミンEが含まれているため、肌の若返り、小じわの減少、肌の質感の向上に役立ちます。また、血糖値とコレステロール値を下げ、健康的なライフスタイルを維持し、さまざまな慢性疾患の発生を防ぐのに重要です。体内のホモシステイン濃度を正常に保つために必要なベタインを含むため、フィットネス愛好家やジム通いの人々に広く食されています。さらに、さまざまな料理に活用できることから、世界中でエビの需要が高まっています。

市場の動向

現在、消費者の食生活の変化によるエビの需要増が、市場に好影響を与える主な要因となっています。また、糖尿病、肥満、関節炎、心血管合併症など、さまざまな慢性疾患の発生を予防するために、タンパク質や抗酸化物質を含む健康的な食物の消費が増加していることも、市場の成長を後押ししています。また、主力企業は、エビの生産量を増やし、製品の品質を向上させるために相乗効果のある育種技術を導入しています。また、二酸化炭素排出量を減らし、塩分、化学物質、その他の生物学的廃棄物など、周囲の生息地に害を及ぼす可能性のある多くの汚染物質の発生を減らすため、さまざまな持続可能なエビの飼育方法を取り入れています。このほか、新鮮で高級なエビを販売するECサイトや流通チャネルが増加していることも、市場に明るい展望をもたらしています。さらに、各国の政府機関は、資金を提供し、漁師や養殖業者にエビの生産量を増やすための効果的な知識教育を行うことで、養殖産業を強化する取り組みを行っています。また、味わい深いシーフードを販売するレストランやパブ、ファストフードチェーンが増加していることも、市場の成長を後押ししています。さらに、シーフードを使った世界各国のユニークな料理に対する個人の嗜好が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]