レンタカー市場、2028年に957億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のレンタカー市場は、2022年に792億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は3.1%のCAGRで成長し、2028年には957億米ドル規模に達すると予想されています。

レンタカーとは、オンラインストアやオフラインのチャネルを通じて、あらかじめ定義された期間、一時的に自動車をレンタルする施設のことを指します。レンタカーサービスは、主に旅行者や自家用車を所有していない個人を対象としています。レンタカーは、移動の自由や低コストの旅行を提供し、高い所有コストを回避できるため、自動車を所有するよりもコストパフォーマンスに優れていると考えられています。また、サービスプロバイダーは、利用者の利便性を高めるために、車の損傷修理、保険補償契約、エンターテインメントシステム、全地球測位システム(GPS)、Wi-Fiネットワークなど、さまざまな製品を提供しています。

市場の動向

世界各地の旅行・観光産業の著しい成長は、レンタカー市場の成長を促す重要な要因の一つです。さらに、冒険や旅行への志向が高まる都市人口の増加も、市場の成長を後押ししています。これに伴い、移動の利便性を高め、コストパフォーマンスの高い旅行を実現するために、タクシーや相乗りの形でレンタカーサービスを導入する個人も増えています。環境保護に対する意識の高まりとともに、政府による優遇政策が実施されていることも、市場成長を促す要因となっています。先進国と新興国の政府は、自動車の排気ガスの排出量を最小限に抑えることを重視し、最も経済的な交通手段の一つとしてレンタカーサービスを普及させています。その他、ウェブサイトやスマートフォンアプリを通じたレンタカーサービスの導入、大衆の消費能力の向上などが、市場をさらに牽引することが予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]