ガスタービン市場、2028年に325億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のガスタービン市場は、2022年に243億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は3.7%のCAGRで成長し、2028年には325億米ドル規模に達すると予想されています。

ガスタービンは内燃機関の一種であり、液体燃料や天然ガスから発生する熱を機械的エネルギーに変換します。このエネルギーは、発電機に供給されて電気を作り、家庭や産業などさまざまな分野で利用されています。ガスタービンは、上流側に回転する圧縮機、下流側にタービン、そして大気を圧縮する燃焼室を備えています。これらのタービンは、合成燃料や天然ガスなど様々な燃料を利用することができます。航空機産業は、ジェット推進力を得るためにガスタービンが使用される重要な産業の一つです。ガスタービンが重要な役割を果たしている分野には、船舶、機関車、自動車の推進力があります。これらの用途では、ガスタービンで生成された電力は、航空機、船舶、列車、発電機、ポンプ、タンクなどの重機を動かすために使用されています。

市場の動向

電力需要の増大は、市場成長の主要な要因の一つです。人口の増加と産業界の堅調な成長により、無停電電源装置に対するニーズが急速に高まっています。また、メーカーは研究開発(R&D)活動にますます注力し、燃料使用の柔軟性を提供し、高温で動作し、故障が少ないタービンを開発しています。さらに、エネルギー効率の高さから、従来の発電方式からガス火力への移行が進んでいます。加えて、メーカーは研究開発に多額の投資を行い、費用対効果の高い発電方法の開発に取り組んでいます。

主要な市場区分

世界のガスタービン市場は、技術、設計タイプ、定格出力、エンドユーザー、地域に基づいて細分化されています。

技術別の市場区分

・コンバインドサイクルガスタービン

・オープンサイクルガスタービン

設計タイプ別の市場区分

・ヘビーデューティー(フレーム)タイプ

・エアロデリバティブタイプ

定格出力別の市場区分

・300MW超

・120-300MW

・40-120MW

・40MW未満

エンドユーザー別の市場区分

・発電

・モビリティ

・石油・ガス

・その他

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・中東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界のガスタービン市場における主要な企業としては、川崎重工業、Siemens、GE、MHPS、Ansaldo、Harbin Electric、OPRA、MAN Diesel、Solar Turbines、Vericor Power、BHEL、Centrax、Zorya、Caterpillar、General Electric、三菱重工業などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]