文書管理システム市場、2028年に133億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の文書管理システム市場は、2022年に70億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は11.2%のCAGRで成長し、2028年には133億米ドル規模に達すると予想されています。

文書管理システム(DMS)は、文書やファイルを管理し、データ管理を体系的に簡素化するために設計された自動化されたソフトウェアソリューションです。DMSは、PDFやワープロファイル、紙ベースのコンテンツのデジタル画像などの電子文書の取り込み、追跡、保存を支援します。これは、文書のセキュリティ、アクセス制御、集中保管、監査証跡、および合理化された検索機能を提供します。さらに、クラウドにファイルを保存し、情報の共有と連携を強化し、インターネット接続を介して複数の場所から異なるソースのドキュメントにアクセスできるようにします。その結果、DMSは企業が職場環境を管理し、目標を達成することを支援します。

市場の動向

消費者の関心事に応えるためのウェブベースのサービスに対する需要の高まりが、中小企業におけるDMSの広範な導入につながっています。また、リモートワークの普及に伴い、社員の通勤や、会社資産へのアクセス、物理的なインフラの必要性を低減させる統合ファシリティマネジメントソリューションの需要が高まっています。また、技術の向上とDMSの効率的な運用により、従来の紙媒体の書類という概念が徐々に失われつつあり、市場の展望は明るいものとなっています。これに加えて、医療分野では患者に関するデータがまとまっていないため、ヒューマンエラーをなくすためにDMSの利用がさらに進んでいます。また、紙の使用を最小限に抑える必要性の高まりとともに、作成された文書の効果的かつ確実な管理は、運用コストや保管の問題を軽減するのに役立ち、市場にプラスの影響を及ぼしています。さらに、スマートフォンの販売拡大や、人工知能(AI)、機械学習(ML)、仮想現実・拡張現実(VR/AR)、POSプラットフォームなどのクラウド技術とDMSの統合による消費者ニーズへの対応が、市場の成長性を高めています。

主要な市場区分

世界の文書管理システム市場は、提供形態、導入形態、企業規模、用途に基づいて細分化されています。

提供形態別の市場区分

サービス

ソリューション

導入形態別の市場区分

オンプレミス

クラウド型

企業規模別の市場区分

中小企業

大企業

用途別の市場区分

BFSI

IT・通信

政府機関

ヘルスケア

小売

メーカー

その他

市場の競合状況

文書管理システムの世界市場における主要な企業としては、Agiloft Inc., DocuSign Inc., eFileCabinet, Hyland Software, International Business Machines Corporation, OpenText Corporation, Oracle Corporation, Ricoh Company Ltd., Scrypt Inc., Synergis Technologies LLC, Xerox Holdings Corporation, Zoho Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]