パラレルロボット市場、2028年に14億3,642万米ドル規模到達見込み

市場の概要

パラレルロボットの世界市場は、2022年に8億5,566万米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は8.91%のCAGRで成長し、2028年には14億3,642万米ドル規模に達すると予想されています。インスタント食品(RTE)の需要の増加、先進技術の統合、製造業におけるパラレルロボットの使用増加などが、市場を牽引する重要な要因となっています。

パラレルロボットは、パラレルマニピュレーターとも呼ばれ、コンピューター制御のシリアルチェーンで一つのプラットフォームをサポートする機械システムです。多関節ロボットで、ロボットのベースと一つ以上のマニピュレーターアームの移動に同様の機構を使用しています。平行に動く複数の軸を持ち、固定された駆動装置と歯車を備えています。これらのロボットは、同一の平行キネマティックチェーンによって固定ベースに接続された移動プラットフォームで構成されています。また、リニアアクチュエータ、直流(DC)モーター、ギアボックス、脚のリードスクリューを備えています。パラレルロボットは、ピックアンドプレイス用途で一般的に使用され、高精度と高速性、安定性とアーム剛性の向上、サイクルタイムの短縮を提供するため、世界中で需要が拡大しています。

市場の動向

パラレルロボットは、食品・飲料業界において、さまざまな食品や飲料の包装に使用されています。これは、多忙なライフスタイルや個人の購買力向上による即席食品(RTE)需要の増加と相まって、世界的な市場成長を促進する大きな要因となっています。また、Eコマース業界では、手間のかかる手作業のアイテムピッキング作業をパラレルロボットが担っています。これは、オンラインショッピングへの嗜好の高まりと相まって、市場の成長を後押ししています。さらに、さまざまな業種のメーカーで自動化のニーズが高まっていることも、市場に好影響を与えています。このほか、パラレルロボットは製薬業界において、作業量を最小限に抑え、包装中の医薬品の汚染を防止するために使用されています。また、安全性、信頼性の向上、経済的な節約にもつながります。さらに、病院での手術用ロボットの増加により、医療従事者と患者の間で精度を高め、ヒューマンエラーをなくし、衛生状態を改善するために、パラレルロボットの需要が高まっています。このほか、モノのインターネット(IoT)、エッジコンピューティング、人工知能(AI)、機械学習(ML)、自然言語処理(NLP)のパラレルロボットへの統合が、市場成長の原動力となっています。さらに、インダストリー4.0という新たなトレンドと電子機器の需要拡大が、市場に明るい展望をもたらしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]