税関監査市場、2028年に102億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の税関監査市場は、2022年に83億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は3.2%のCAGRで成長し、2028年には102億米ドル規模に達すると予想されています。監査サービスに対する需要の高まり、仮想監査の導入、さまざまな政府施策の実施などが、市場を牽引する重要な要因となっています。

税関監査は、会計やその他のビジネス記録の検査です。関連する法律や収入要件に事業者が準拠しているかどうかを検証するものです。財務情報が公正かつ正確に表現されていることを確認するために広く実施されています。また、業務上の非効率や誤った関税の支払額を特定し、政策や規制の遵守を確認するのに役立ちます。税関監査は、財務的及び非財務的性質のすべての情報の独立した公平な検証を含みます。税関監査は電子申告で構成され、輸出入者が税関で書類を保管する手間を省くことができます。業績向上、業務効率化、虚偽記載のリスク評価、リスクコントロールに役立っています。

市場の動向

世界中で効率的なサプライチェーンへの需要が高まっていることが、市場を牽引する重要な要因の一つとなっています。税関監査は、より良い品質管理、在庫や諸経費の削減、リスク軽減の改善などを確実に行うために不可欠です。これに伴い、リスクを軽減し、取引の特定と検査を容易に行うために、貿易業者と税関当局の間の取引を検査する税関監査が広く導入されていることが、市場成長に好影響を与えています。さらに、情報技術(IT)の進歩による仮想監査の導入も市場の成長要因として作用しています。また、仮想監査は、データの受信と共有、観察の容易さなど、ハイテク戦略を含むビジネスを支援し、市場成長に拍車をかけています。さらに、仮想監査は、電子的な手段を使って遠隔地から監査証拠を入手するe-auditとしても知られています。このほか、報告書や事業体、システムの調査プロセスを自動化し、リスクを軽減する最先端の税関監査ソフトウェアの普及が、市場の成長にプラスの影響を与えています。さらに、税関管理およびコンプライアンスを強化するためのさまざまな政府イニシアティブの実施が、市場の成長を後押ししています。また、さまざまな国の間で自由貿易協定(FTA)が増えていることも、市場を牽引しています。その他、業務改善ニーズの高まり、監査サービスに対する需要の高まり、財務記録の開示・記録に関する規制の強化などが、市場の成長を牽引することが予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]