セラミック機械市場、2028年に73億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のセラミック機械市場は、2022年に52億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は5.8%のCAGRで成長し、2028年には73億米ドル規模に達すると予想されています。

建設業界の著しい成長、消費者の支出能力の向上、高品質な床材への需要の高まりが、市場を牽引する重要な要因となっています。

セラミック機械とは、セラミック材料を製造し、使用可能な最終製品に仕上げるために使用される機械のことです。セラミックスは、金属、非金属、メタロイドの原子が主に共有結合やイオン結合で結合した非金属の無機固体です。スペースシャトルのタイル、調理台、光ファイバー、人工関節、自己潤滑性ベアリング、スパークプラグ、レーシングカーのブレーキ、レンガなどに広く使用されています。セラミック機械は、短時間で均質な混合物を製造するために使用されます。セラミック製品の加工にかかる時間を短縮し、製造工程の効率を高めることができます。機械には、原料を粉砕・研磨するボールミル、原料の汚れを除去するフィルタープレス、最終仕上げの焼成工程で使用する釉薬攪拌機などが備えられています。

市場の動向

世界的な建設業界の著しい成長により、市場には明るい展望がもたらされています。セラミックタイルは圧縮に強く、引張に弱いため、建築物の建設に広く利用されており、これが市場の成長を後押ししています。また、インフラ整備の進展や都市化の進展も、市場の成長を促す要因となっています。さらに、高圧ポンプ、グロープラグ、シールリング、絶縁リング、バルブなど、さまざまな部品の製造にセラミックスが使用されているため、自動車産業で広く製品が導入されていることも、市場の成長を促進しています。このほか、主力企業は、より高度な精度、精密さ、速度の達成を支援する高度なセラミック機械の導入に注力しています。これに加えて、インフラ整備における国有企業(SOE)などのさまざまな政府施策の実施も、製品需要を促進しています。さらに、最大限の品質を確保しながら生産時間を短縮するための自動化製造業の統合が、市場の成長を後押ししています。これに加えて、効率的で安定した性能を持続的に提供するために、原材料を自動的に処理するための振動ふるいやベルトコンベヤが広く利用されていることも、市場の成長にプラスの影響を与えています。その他、高品質な床材製品に対する需要の高まり、広範な研究開発(R&D)活動、プログラマブルロジックコントローラ(PLC)ベースのシステムの利用拡大、消費者の支出能力の上昇などが、市場の成長を牽引するものと予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]