ピックアップトラック市場、2028年に2,386億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のピックアップトラック市場は、2022年に2,022億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は2.6%のCAGRで推移し、2028年には2,386億米ドル規模に達すると予想されています。

バッテリー駆動の車種の登場、オフロードイベントの人気の高まり、レンタルサービスの利用のしやすさなどが市場を牽引する重要な要因となっています。

ピックアップトラックは、空気入りタイヤ、密閉されたキャビン、3枚の低い壁で囲まれた荷台の後端に屋根がない2軸の電動車両です。また、製品や貨物の積み下ろしを容易にするために、外側に開くリアゲートを備えており、馬車の牽引や運搬、荷物の運搬に使用されています。メンテナンスが容易で、高馬力、高トルク、大容量などの特長を備えています。このほか、ピックアップトラックは倉庫やその他の物流センターで商品の輸送や配達に使用されています。現在、世界中で活動する主力企業は、オートマチックトランスミッション、パワーステアリング、アンチロックブレーキシステム(ABS)、電子制動力配分システム(EBD)、電子安定プログラム(ESP)、クルーズコントロール、合金ホイールと統合された高度なピックアップトラックのバリエーションを打ち出しています。

市場の動向

現在、急速な都市化と所得水準の上昇を背景に、個人の間でピックアップトラックへの志向が高まっていることが、世界的な市場の成長を促進しています。また、オフロード走行やレクリエーション活動、アドベンチャースポーツへの参加など、ピックアップトラックの利用が増加していることも、市場にプラスの影響を与えています。さらに、観光地でピックアップトラックのレンタルサービスを簡単に利用できるため、旅行・観光産業の大幅な増加が市場成長に寄与しています。このほか、主力企業は二酸化炭素排出量を削減するため、電気自動車やバッテリー駆動のピックアップトラックを導入しています。これは、ガソリン価格の高騰、燃費の良い高性能車への需要の高まり、電気ピックアップトラックを使用することによる経済的・生態学的メリットに関する意識の高まりと相まって、市場に明るい展望をもたらしています。さらに、世界的な輸出入の増加に伴い、物資の輸送に対する要求が高まっています。さらに、自動車の安全性に対する意識の高まりが、高度な安全機能を備えた自動車の需要を促進し、市場の成長を後押ししています。主要メーカーは、ドライバーの安全性を高めるため、ピックアップトラックにエアバッグを搭載することに注力しています。さらに、自動車産業の大幅な拡大により、今後数年間に渡って市場に明るい展望がもたらされることが予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]