ドアホン市場、2028年に73億6,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のドアホン市場は、2022年に48億5,000万米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は6.9%のCAGRで成長し、2028年には73億6,000万米ドル規模に達すると予想されています。

スマートホームの台頭、先進的な製品の上市、政府機関による資金調達の増加などが、市場を牽引する主な要因となっています。

ドアホンは、ボタンと受話器を備えた壁に取り付けられた電気・電子部品の集合体を指します。住宅、アパート、別荘などの屋外で来客とコミュニケーションを取るために広く使われています。また、メインゲートの解錠・施錠を可能にし、より高度なセキュリティを実現します。複数の住宅間で連動させ、安全装置やインターホンとして運用することで、多数の機器を設置・維持するコストを削減することも可能です。現在、ドアにいる来訪者と会話ができる音声タイプ、接続された画面を通して住人が来訪者を確認できる映像タイプが一般的に販売されています。

市場の動向

現在、盗難や空き巣の増加、ホームセキュリティへの関心の高まりが、世界中でドアホンの需要を促進している大きな要因となっています。また、所得水準の上昇や急速な都市化により、スマートホームのトレンドが高まり、スマートデバイスの利用が増加していることも、市場の成長を後押ししています。さらに、住宅地や商業地でのリフォームや建設活動の増加、各国の行政機関によるスマートシティ開発への投資の増加も、現在、市場にプラスの影響をもたらしています。このほか、オフィス、倉庫、店舗、ホテル、公園、リゾートの増加により、公共の安全性を高めるためにドアホンの需要が高まっています。さらに、この業界の主力企業は、ボイスチェンジ機能や通話録音機能を搭載し、メインモニターやエクステンションモニターによる画像記録を提供する先進のビデオドアホンを導入しています。このような先進的な製品は、複数の有線・無線モニターやLEDライトと接続することで、より正確な画像を見ることができます。さらに、ドアホンのモバイルアプリケーションの登場により、離れた場所からでもドアの開閉をコントロールできるようになりました。さらに、ドアホンを使用することの利点に関する個人の意識の高まりは、今後数年間に渡り市場に明るい展望をもたらすことが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]