医療用ディスポーザブル製品市場、2028年に6,802億米ドル規模到達見込み

市場の概要

医療用ディスポーザブル製品市場は、2022年に3,968億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は8.9%のCAGRで成長し、2028年には6,802億米ドル規模に達すると予想されています。

医療用ディスポーザブル製品とは、医療業界において質の高い患者ケアを提供するために短期間使用することを目的とした装置、器具、消耗品を指します。医療検査や外科手術、治療の際にこれらの機器を使用することで、医師と看護師、医師と患者の間の交差汚染を防ぐことができます。医療現場でディスポーザブル製品を使用することは、従業員の作業を簡略化し、医療費を削減することができるため、感染防止対策として不可欠な要素です。使い捨て製品は、従来の製品よりも利便性が高く、滅菌のための時間とコストを大幅に削減することができます。手袋、マスク、血液バッグ、注射針は、最も一般的に使用されている医療用ディスポーザブル製品の一部です。

市場の動向

医療用ディスポーザブル製品の世界市場は、世界的な院内感染(HAI)や手術部位感染の増加によって、主に牽引されています。これは、長期入院を必要とする外科手術の件数が増加していることに起因しています。これに加えて、糖尿病や心血管疾患などの慢性疾患の有病率が大幅に上昇していることも、市場の重要な成長要因として作用しています。また、大衆の健康・衛生意識の高まりから、使い捨てタイプの医療用品や短期間使用の医療用品へとトレンドが変化していることも、市場の推進要因となっています。さらに、環境問題の高まりからバイオプラスチックの導入が拡大していることも、市場に明るい展望をもたらしています。さらに、さまざまな慢性疾患にかかりやすい高齢者の人口が拡大していることも、市場の成長に好影響を与えています。その他、医療インフラの急速な改善、政府投資の増加、継続的な製品イノベーション、主力企業による大規模な研究開発活動なども、市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]