アセトン市場、2028年に100億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のアセトン市場は、2022年に68億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は6.2%のCAGRで成長し、2028年には100億米ドル規模に達すると予想されています。

様々な業種でアセトンが広く使用されていること、プラスチック需要の増加、パーソナルケア産業での製品使用の広がり、自動車産業での大幅な拡大などが、市場を牽引する重要な要因となっています。

アセトン(C3H60)、またはジメチルケトンは、無色透明で水溶性、可燃性、揮発性の工業用液体で、強い刺激臭があります。自動車、植物、樹木、森林火災などから発生する排気ガス中に容易に含まれるほか、細菌の発酵によって工業的に生成されます。また、ベンゼンをプロピレンでアルキル化してクメンを製造し、これを酸化してフェノールやアセトンを構成するクメンサイクルによって得られることもあります。汎用性が高く、混和性があり、沸点が低く、脂肪や汚れ、油脂を素早く分解する性質があります。これらの特性から、アセトンは主に接着剤、繊維、粘着剤、塗料、コーティング剤、石油、マニキュア除去剤、ポリ塩化ビニル(PVC)、消毒液など、さまざまな製品の主要中間体として利用されています。

市場の動向

ポリカーボネート、メチルメタクリレート(MMA)、ビスフェノールA(BPA)などの必須誘導体を製造するために、さまざまな業種でアセトンが広く使用されていることが、市場を牽引する主な要因となっています。これらの製品は、食品用ボトル、缶、半透明シート、ポリ(メチルメタクリレート)(PMMA)を構成するために利用され、さらにいくつかの建築・インフラ用途に使用されています。さらに、COVID-19パンデミックの突然の発生により、製薬会社は効果的な溶剤、除菌剤、消毒剤、ジメチルケトン関連材料を開発しており、アセトンの需要を促進しています。さらに、石油化学製品へのニーズの高まりや、環境に配慮した取り組みが、メーカーに再生可能なジメチルケトンの生産を促し、市場の成長を促進しています。石油系溶剤と比較して、このようなグリーン化合物は、非毒性、非腐食性、非発癌性であり、環境中に排出される有毒化学物質や腐食性化学物質のレベルを低減することができます。これに伴い、マニキュアの除光液やクレンジング、フレグランスなど、複数のパーソナルケア製品や化粧品にアセトンが幅広く配合されていることが、市場の成長に好影響を与えています。アセトンはさらに、繊維分野でもウールの脱脂、絹の脱墨、ラッカーの形成に利用されています。このほか、自動車の窓ガラス、ヘッドランプ、テールライト、ヘッドランプでのアセトン使用量の増加が、市場の成長を加速しています。その他、広範な研究開発(R&D)活動、美容製品の需要増加、エレクトロニクス産業の拡大などが、市場に明るい展望をもたらしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]