チタン合金市場、2028年に76億米ドル規模到達見込み

市場の概要

チタン合金の世界市場は、2022年に46億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は5.9%のCAGRで成長し、2028年には76億米ドル規模に達すると予想されています。

チタン合金は、純チタンにパラジウム、バナジウム、アルミニウム、鉄、モリブデン、スズなど少量の他の金属を混ぜた均質な混合物で得られる金属です。蒸気タービンブレード、オートクレーブ、機体、ミサイル燃料タンク、整形外科用ピンやネジ、自動車部品など、高性能材料の製造に広く使用されています。チタン合金は、高い引張強度、生体適合性、靭性、耐腐食性を備えています。また、密度が低いため、高温でも割れたり欠けたりすることがありません。そのため、航空宇宙、運輸、発電、化学、公共事業、自動車、医療業界などにおいて幅広い用途が見いだされています。

市場の動向

チタン合金の世界市場は、主に航空宇宙産業における著しい成長によって牽引されています。チタン合金は、航空エンジン、航空機タービン、機体、装甲メッキ、宇宙船、着陸装置、油圧チューブの製造に広く使用されています。これに伴い、高強度密度比、耐海水性、低重量強度、高温性などの特性から、ミサイル、航空機、ロケットに幅広く採用され、市場の成長を後押ししています。さらに、超高強度、高延性、軽量、コストパフォーマンスに優れたチタン合金を開発するための3次元(3D)印刷技術の導入が、市場の成長に拍車をかけています。さらに、義歯のフレームワークやベース、バーコネクター、歯列矯正ワイヤー、股関節、ボーンスプリント、ペースメーカーケースなどの歯科・外科用インプラントの製造に対する医療業界からの需要の高まりが、市場成長を大きく後押ししています。その他、バルブやバルブスプリングなどの内燃機関部品を製造する自動車産業で広く製品が導入されていることや、広範な研究開発(R&D)活動などの要因が、市場の成長を促進しています。

主要な市場区分

チタン合金の世界市場は、微細構造と最終用途産業に基づいて細分化されています。

微細構造別の市場区分

・アルファ・ニアアルファ合金

・アルファ・ベータアロイ

・ベータ合金

最終用途産業別の市場区分

・航空宇宙

・自動車・造船

・化学

・電力・海水淡水化

・その他

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]