近距離無線通信(NFC)市場、2028年に366億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の近距離無線通信(NFC)市場は、2022年に224億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は7.03%のCAGRで成長し、2028年には366億米ドル規模に達すると予想されています。

近距離無線通信(NFC)とは、2つの機器が低電力プロトコルで通信できるようにする近距離無線技術のことです。タグ、集積回路(IC)、SIMカード、リーダーなどが、一般的に使用されているNFCデバイスです。スマートフォン、タブレット、ノートパソコン、ウェアラブル端末、カメラ、プリンターなどで、マーケティング、決済、チケット購入、ゲームなどの用途に広く利用されています。NFCは、より迅速な決済を可能にし、利便性、汎用性、機器間のシームレスな通信を提供するため、小売、輸送、自動車、ヘルスケア、ホスピタリティ、家電、銀行、金融サービス、保険(BFSI)分野で広く導入されています。

市場の動向

世界の近距離無線通信(NFC)市場は、主に非接触型決済システムや情報システムでの製品利用が増加していることが推進要因となっています。これに伴い、COVID-19の発生により、人との接触を最小限にするソーシャルディスタンスの習慣が高まり、キャッシュレスや非接触型決済などのインテリジェントな決済ソリューションの導入が進み、市場成長を後押ししています。さらに、小売マーケティングにおける機械学習(ML)とNFCの統合により、製品やサービスの詳細情報の提供、デモ形態の提供、問い合わせへの対応など、エンゲージメントとパーソナライズされたショッピング体験の向上が、市場成長に拍車をかけています。さらに、消費者がより簡単で迅速なモバイル取引を可能にするNFC技術に対応したスマートフォンへの需要が高まっていることも、市場成長を促す要因となっています。さらに、NFC対応のスマートポスター、搭乗券、センサーの導入が、市場に明るい展望をもたらしています。その他、モノのインターネット(IoT)とNFC対応スマートウェアラブルの統合、キャッシュレス化を推進するさまざまな政府施策の実施、広範な研究開発(R&D)活動なども、市場成長への牽引力になることが予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]