農作物保険市場、2028年に666億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の農作物保険市場は、2022年に407億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は5.9%のCAGRで成長し、2028年には666億米ドル規模に達すると予想されています。

農作物保険は、収穫量に応じた包括的な保険であり、作物の不作や自分ではコントロールできない不測の事態から生じる不確実性による経済的損失から農家を保護します。干ばつ、ひょう、病気や野生動物、洪水、火災、害虫など、地域の災難によって生じた作物の損害に関連する費用を支払うものです。また、農作物保険は、種まきや植え付けに関するリスク、立木や収穫後の作物の損失、農産物市場の価格変動、作物の収穫量の減少などをカバーし、農民の収入に影響を与えます。農家や牧場主など、多様な被保険者の大規模な参加を必要とします。

市場の動向

地球温暖化による異常気象の多発は、市場を牽引する重要な要因の一つとなっています。農作物保険は、降雨、気温、霜、湿度などの悪天候の発生が増加し、経済的損失や作物損失の可能性から被保険者である農家の苦難を軽減するために広く導入されています。さらに、収穫した作物の収入、価格、収量の変動から農家を保護するためのさまざまな政府の取り組みが、市場に明るい展望をもたらしています。このほか、人工衛星やドローンの導入、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、モバイルアプリケーションの統合など、急速な技術革新が市場成長の推進力となっています。こうしたデジタルイノベーションは、天候の予測、病気の作物の検出、作物に関連するデータの保存、作物を収穫するための土地のミクロレベルの情報などを支援します。また、リモートセンシングや先端技術の活用により、不確実なリスクを低減し、有効性を高めることができるため、市場成長にプラスの影響を与えています。その他、食糧安全保障のニーズの高まり、農業産業の著しい成長、農民の意識向上による農業財政の安定を促進するための製品導入の広がりなどが、市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]