アロマテラピーディフューザー市場、2028年に32億米ドル規模到達見込み

市場の概要

アロマテラピーディフューザーの世界市場は、2022年に20億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は6.89%のCAGRで成長し、2028年には32億米ドル規模に達すると予想されています。

アロマテラピーディフューザーは、エッセンシャルオイルを使用して天然香料を拡散させるための装置です。ローズマリー、シダーウッド、ティートリー、カモミール、ラベンダー、イランイラン、クラリセージなどが、アロマテラピーディフューザーによく使われる成分です。これらは、ストレスを和らげ、気分を高揚させ、ストレスや不安を軽減し、睡眠を改善するのに役立ちます。また、アロマテラピーディフューザーは、精神、免疫システム、ホルモンのパフォーマンスを高めるのに役立ちます。温熱式、キャンドルディフューザー、テラコッタ、超音波式、ネブライザー、クレイ式などがあります。このほか、アロマテラピーディフューザーは加湿器としても機能し、気道に潤いを与え、呼吸を楽にし、空気中の特定のバクテリアの存在を除去します。

市場の動向

アロマテラピーディフューザーの世界市場は、主に不眠症、うつ病、不安症、認知障害、ストレス関連障害などを治療するための医療分野における製品需要の増加などが、主な成長要因となっています。これに伴い、抗ウイルス、抗炎症、免疫調節、鎮痛、抗菌、防腐、収斂、鎮痙、抗ウイルスなど、さまざまな薬効があるため、治療用途に広く製品が導入されていることが、市場の成長に好影響を与えています。このほか、COVID-19感染症やその他の呼吸器疾患に対する効果的な代替治療法として、ユーカリやコロンビアのようなエッセンシャルオイルの人気が高まっていることも、成長要因として作用しています。さらに、アロマテラピーディフューザーにIoT(Internet of Things)を統合し、ユーザーのニーズのプロファイルを構築することで環境における香りの拡散を自動化することが、市場成長に拍車をかけています。さらに、さまざまなエッセンシャルオイルの香りを個別のカートリッジの形で提供するWiFi対応のスマートなポータブルアロマテラピーディフューザーの上市が、市場成長を後押ししています。さらに、高い効能と心身の健康への好影響から、スパやウェルネスセンターでの製品利用が増加していることも、市場に明るい展望をもたらしています。その他、消費者の支出能力の向上、電子商取引における製品の入手のしやすさなどが、市場の成長を牽引すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]