水力発電市場、2028年に1.6TW規模到達見込み

市場の概要

世界の水力発電市場は、2022年に1.5TWの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は1.5%のCAGRで推移し、2028年には1.6TW規模に達すると予想されています。

水力発電とは、川や滝、海などの水域から運動エネルギーを変換して発電する電気エネルギーのことです。河川敷に様々なタービンを備えた発電所を設置し、発電機で電気を作り出します。水力発電は、季節ごとに貯水するダムや、発電と送電の両方に利用できる揚水発電可変型設備で運営されています。水力発電の技術としては、流水式、貯水式、揚水式、洋上水力などがよく使われています。これらの技術は環境に優しく、発電時に排出される温室効果ガス(GHG)を最小限に抑えることができます。

市場の動向

世界的な急速な工業化に伴い、持続可能なエネルギー源に対する需要が高まっていることが、市場の成長を牽引する重要な要因の一つとなっています。従来の石炭や石油を原料とする発電所から生産されるエネルギーと比較すると、水力発電はより信頼性が高く、クリーンで費用対効果に優れています。さらに、小水力発電(SHP)プラントが広く導入されていることも、市場の成長を後押ししています。これらのプラントは柔軟性が高く、特にグリッド接続が不十分な地域のダイナミックな地理的・インフラ的状況に適応することが可能だからです。また、産業用モノのインターネット(IIoT)ソリューションとの統合など、さまざまな技術的進歩も市場成長を促す要因として作用しています。この統合により、連続的かつ高速なストリームデータを提供できるスマートセンサーの利用が容易になり、プラントで生成されるエネルギーのレベルを継続的に監視することで運用効率を高めることができます。その他、エネルギー需要に影響を与える世界人口の増加や、再生可能エネルギー源の利用を促進する政府による優遇政策の実施などが、市場をさらに牽引することが予測されています。

主要な市場区分

世界の水力発電市場は、規模および用途に基づいて細分化されています。

規模別の市場区分

大規模水力発電(100MW以上)

小規模水力発電(10MW未満)

その他

用途別の市場区分

産業用

住宅用

商業用

市場の競合状況

世界の水力発電市場における主要な企業としては、ABB Ltd., American Hydro Corporation (Wartsila Oyj Abp)、Andritz AG、China Yangtze Power Co. Ltd. ( China Three Gorges Corporation), Companhia Energetica de Minas Gerais, Electricite de France S.A., General Electric Company, Iberdrola S.A., RusHydro, Siemens Energy AG, Tata Power Company Limited, Voith GmbH & Co.KGaAなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]