1-デセン市場、2028年に17億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の1-デセン市場は、2022年に12億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は5.8%のCAGRで成長し、2028年には17億米ドル規模に達すると予想されています。

1-デセンは、アルケングループに属する炭化水素で、10個の炭素原子と1個の二重結合からなる鎖で構成されています。白色で透明な移動性の液体で、心地よい臭いがあり、自然界では有毒な物質です。一般に、エチレンのオリゴマー化、または炭素数の多い石油ワックスの分解によって製造されます。1-デセンは、コポリマーのモノマーとして、またオキソアルコール、エポキシド、アルキル化芳香族、アミン、合成脂肪酸の製造における中間体として広く使用されています。通常、窒素ブランケット下で保管され、耐腐食性を示します。そのため、香水、油、染料、医薬品、樹脂、生地分割機、工業用ギアシステム、自動変速機エンジン、船舶などに使用されています。

市場の動向

ポリアルファオレフィン(PAO)の生産における1-デセンの利用が増加していることが、市場に明るい展望をもたらしています。PAOは合成潤滑油で、トランスミッション、コンプレッサー、潤滑油添加物質、ギアオイルとして自動車産業やメーカーで広く利用されています。このほか、包装食品の消費量が増加していることも、1-デセンがポリエチレンなどのポリマーの製造に使用され、これらの商品の包装に使用されることから、市場成長を促進する要因となっています。また、食品添加剤、艶出し剤、研磨剤としても使用されており、食品・飲料業界への導入が進んでいます。さらに、1-デセンは洗剤やその誘導体を製造する際の化学中間体として広く使用され、それらはさらに工業用界面活性剤の製造に組み込まれています。このため、最終用途産業での利用が増加しており、市場に明るい展望をもたらしています。その他、消費者の支出能力の向上、原材料価格の低下、自動車産業の大幅な拡大などが、市場の成長を後押しすることが予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]