不動産市場、2028年に7兆9,540億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の不動産市場は、2022年に7兆630億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は1.8%のCAGRで推移し、2028年には7兆9,540億米ドル規模に達すると予想されています。

不動産とは、土地、資源、建物、道路などのユーティリティシステムで構成される財産を指します。住宅用、商業用、工業用、土地用などが一般的な不動産の種類です。未加工の土地の購入、建設、区画整理、建物の改修、完成品の顧客への販売またはリースが含まれます。不動産には、二世帯住宅、タウンホーム、一戸建て住宅、コンドミニアム、共同住宅、四世帯住宅、三世帯住宅などがあります。不動産への投資は、高い収益性、税制上の優遇措置、長期的な安定性、分散投資、受動的な収入、資本形成、インフレからの保護などに役立ちます。

市場の動向

世界的な急速な都市化は、市場の成長を牽引する重要な要因の一つとなっています。人口の増加、良質な住宅やインフラへのニーズの高まり、核家族化の進行などが、不動産市場の成長を後押ししています。これに伴い、清潔で安全・安心な環境に対する消費者志向の変化や、道路、航空、鉄道の接続性向上などの急速なインフラ整備が、市場に明るい展望をもたらしています。さらに、人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)との統合など、さまざまな技術的進歩が市場成長に拍車をかけています。これらの技術は、文書の保存やオンライン家賃支払いのメールやメッセージを管理するための一元的なプラットフォームを提供するものです。これに加えて、情報技術(IT)産業の著しい成長によるインフラや整理された空間へのニーズの高まりが、市場成長に好影響を与えています。その他、消費者の支出能力の向上や、インフラ整備に向けた政府の様々な施策の実施などが、市場の成長を牽引すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]