サイバー保険市場、2028年に317億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のサイバー保険市場は、2022年に98億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は22.39%のCAGRで成長し、2028年には317億米ドル規模に達すると予想されています。

サイバー保険は、データ漏洩、悪意のあるハッキング、分散型サービス妨害(DDoS)、マルウェア、ランサムウェアなどのデジタル脅威から企業を保護します。また、健康記録や社会保障番号、クレジットカード番号、口座番号、運転免許証番号など、顧客の機密情報に対する金銭的補償も提供します。サイバーセキュリティの事故について顧客に通知し、身元を回復させ、漏洩したデータを復元し、損傷したコンピュータシステムを修復します。現在では、世界中の多くの保険会社が、ビジネス要件に応じた個別プランを提供しています。これらのプランでは、弁護士費用や物理的な損害や収入減に対する費用をカバーしています。

市場の動向

データを保存するための電子機器の利用が増加し、組織はサイバー攻撃やデータ漏洩に対してより脆弱になっています。これは、コストを回収し、中核業務を再開し、企業を安定させるためのサイバー保険の需要を促進する主な要因の一つです。また、サイバー保険は、ネットワークや機密データの侵害から企業を保護するのに役立つため、中小企業にも適用されています。さらに、さまざまな保険会社が、消費者の信頼を回復し、特定のリスクを軽減するために、信用監視サービスやID回復保護を提供しています。このほか、各国の政府機関は、ユーザーのプライバシー権やセキュリティを強化するために厳しい規制を導入しています。このことは、世界中のサイバー保険ソリューションの需要に影響を及ぼすと予想されています。例えば、2018年のカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)は、カリフォルニア州の個人に対し、企業が収集する個人情報に対するより多くの制約を課しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]