サーボモーターとドライブ市場、2028年に162億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のサーボモーターとドライブ市場は、2022年に122億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は4.7%のCAGRで成長し、2028年には162億米ドル規模に達すると予想されています。

サーボモーターとドライブとは、コンベヤベルト、包装機械、食品加工装置、半導体、ロボットなどの産業機械において、正確な位置制御のために使用される自動リニアまたはロータリーアクチュエータを指します。サーボモータコントローラの重要なコンポーネントであり、モーターの回転速度を制御するために位置フィードバックを登録する閉ループ機構で動作します。最も一般的に使用されるサーボモーターとドライブには、単純な直流(DC)ブラシレス、ブラシ付き、リニアサーボモーターと交流(AC)モーターとドライブがあります。一般的には、モーターに流す電流量を制御するためのアンプとして使用されています。そのため、自動車、半導体・電子機器、医療業界、パッケージング、石油・ガス、化学・石油化学製品など、さまざまな産業で幅広い用途が見いだされています。

市場の動向

工場やその他の産業ユニットにおける自動化の進展は、市場の成長を牽引する重要な要因の一つとなっています。また、産業界におけるロボットの活用が広がっていることも、市場の成長を後押ししています。産業用ロボットは、組み立て、ピックアップ、製造などの用途に広く使用されています。ロータリーサーボモーターは、磁石と巻線の相互作用を可能にし、高分解能の精密フィードバック、高いトルク密度、最小限のエネルギー消費など、さまざまな優れた特性を備えています。これに加えて、コネクテッドデバイスとモノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)との連携など、さまざまな技術的進歩も市場の成長に寄与しています。これに伴い、製品メーカーも軽量材料を用いて、ドローンや小型ロボットなど、遠隔操作でアシストする製品のギアシステムを構築しています。その他、インダストリー4.0の登場とともに、急速な産業化が進んでいることも、市場をさらに牽引することが予想されています。

主要な市場区分

サーボモーターとドライブの世界市場は、製品タイプ、電圧範囲、システム、通信プロトコル、最終用途産業に基づいて細分化されています。

市場の競合状況

サーボモーターとドライブの世界市場における主要な企業としては、ABB Ltd., Bosch Rexroth AG, Delta Electronics, Inc., Emerson Electric Co., Fanuc Corporation, Mitsubishi Electric Corporation, Nidec Corporation, Rockwell Automation Inc., Schneider Electric SE, Siemens AG, Yaskawa Electric Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]