オメガ3成分市場、2028年に48億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のオメガ3成分市場は、2022年に26億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は10.3%のCAGRで成長し、2028年には48億米ドル規模に達すると予想されています。

オメガ3成分は、天然に存在する多価不飽和脂肪酸(PUFA)であり、人間の最適な健康維持のために不可欠な栄養素です。魚や亜麻仁、栄養補助食品(藻類、オキアミ、マグロ、魚油など)に広く含まれています。α-リノール酸(ALA)、エイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)などは、一般的な成分の種類です。オメガ3成分は、細胞壁を構成し、エネルギーを供給し、心臓、血管、肺、免疫系、内分泌系などの機能を最適に維持するのに役立ちます。そのため、栄養補助食品、乳児用ミルク、臨床栄養、ペットフード・飼料、機能性食品・飲料など幅広い用途が見いだされています。

市場の動向

世界的な肥満と心臓関連の疾患の増加が、市場の成長を大きく牽引しています。オメガ3成分は、重度の高トリグリセリド血症などの慢性疾患の治療に広く使用されています。また、多忙なライフスタイルや過密なスケジュールのため、高品質のサプリメント製品を好む消費者が増えていることも、市場の成長に好影響を与えています。また、健康維持のためにオメガ3脂肪酸を含む栄養補助食品が広く導入されていることも、市場成長にプラスの影響を及ぼしています。このほか、環境汚染物質の除去、酸化防止、高温耐性などを目的に、メーカーがオメガ3成分の配合に先進技術を広く取り入れており、これが市場の成長に拍車をかけています。また、化粧品、サンケア、ヘアケア、パーソナルケア、着色料などの分野で、バランスのとれた保湿、肌の油分調節、吹き出物の抑制、老化の兆候の最小化、炎症や皮膚炎を起こした肌の鎮静などの目的で製品の利用が増加しており、市場成長を後押ししています。その他、ペットや動物の飼料に導入する製品の増加や、食品に含まれるオメガ3の栄養表示に関する様々な政府機関の実施などが、市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]