インタラクティブキオスク市場、2028年に495億米ドル規模到達見込み

市場の概要

インタラクティブキオスクの世界市場は、2022年に300億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は8.4%のCAGRで成長し、2028年には495億米ドル規模に達すると予想されています。

インタラクティブキオスクは、特殊な技術とソフトウェアで構成された金属製の筐体で、ユーザーはコミュニケーション、商業、娯楽、教育に関連する情報や用途にアクセスすることができます。また、静的およびインタラクティブな地図により、不慣れな場所でもスムーズに目的地まで誘導することができます。また、クラウド技術によってさまざまなシステムとワイヤレスで接続できるため、注文、天気やニュース、正確な在庫情報、チェックインとチェックアウト、支払いなどのサービスを提供することができます。これ以外にも、インタラクティブキオスクは、コスト削減、効率的なサービス、ヒューマンエラーの減少、より良い顧客体験など、いくつかの利点を有しています。そのため、医療業界、教育業界、小売業界、エンターテインメント業界、旅行業界、食品・飲料業界などで幅広い用途が見いだされています。

市場の動向

決済技術やセキュリティ技術の急速な発展により、世界中でインタラクティブキオスクの需要が高まっています。これは、鉄道駅や銀行、ショッピングモールの問い合わせ窓口、空港のチェックインカウンターなど、公共の場所での長蛇の列を防ぐ必要性の高まりとともに、市場を牽引する重要な要因の一つとなっています。また、病院や官公庁では、来客データ収集に伴う事務作業を軽減し、来客体験を向上させるために、インタラクティブキオスクの採用が増加しており、市場の成長を後押ししています。さらに、市場の主力企業は、インタラクティブキオスクに人工知能(AI)ベースの技術を組み込んでいます。また、温度センサー付きキオスクシステム、個人保護具(PPE)ディスペンサー付きキオスク、スマートキオスク、モバイル検査キオスクの導入に力を入れており、市場にプラスの影響を及ぼしています。このほか、セルフサービスシステムの導入が進んでいることも、市場の成長を後押しすると予想されています。

主要な市場区分

インタラクティブキオスクの世界市場は、コンポーネント、タイプ、設置方法、パネルサイズ、設置場所、業種に基づいて細分化されています。

コンポーネント別の市場区分

ハードウェア

ソフトウェア

サービス

タイプ別の市場区分

銀行キオスク端末

セルフサービスキオスク

自動販売機

その他

設置方法別の市場区分

床置き型

壁掛け型

その他

パネルサイズ別の市場区分

17~32インチ以下

32インチ超

設置場所別の市場区分

屋内

屋外

業種別の市場区分

BFSI

小売

食品・飲料

ヘルスケア

政府機関

旅行・観光

エンターテイメント

その他

市場の競合状況

インタラクティブキオスクの世界市場における主要な企業としては、Acante Solutions Limited (H32 Design and Development LLC), Advanced Kiosks, Advantech Co. Ltd.、Aila Technologies Inc.、Diebold Nixdorf Incorporated、Embross、KIOSK Information Systems、Meridian Kiosks、NCR Corporation、REDYREF Interactive Kiosks、Source Technologies(APCT Holdings LLC)、Zebra Technologies Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]