ベータグルカン市場、2028年に7億2,990万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のベータグルカン市場は、2022年に4億7,700万米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は7.64%のCAGRで成長し、2028年には7億2,990万米ドル規模に達すると予想されています。

ベータグルカンとは、細菌、真菌、酵母、様々な種類の植物の細胞壁に自然に存在する水溶性の食物繊維です。ベータグルカンは、血清コレステロールの低下、免疫システムの活性化、血糖値の調整、心血管疾患(CVD)の発症リスクの低減をサポートします。そのため、湿疹、糖尿病、アレルギー、喘息、心臓疾患など、さまざまな健康状態に対処するための医療用サプリメントに広く使用されています。また、ベータグルカンは、線維筋痛症、クローン病、関節リウマチ、潰瘍性大腸炎、慢性疲労症候群などの症状を緩和する効果もあるとされています。

市場の動向

慢性疾患の有病率の上昇と漢方薬への嗜好の高まりは、ベータグルカンの需要を促進する重要な要因となっています。また、メタボリックシンドロームや肥満の予防、ストレスによる疲労の軽減など、ベータグルカンの利点に対する個人の意識が高まっていることも市場の成長要因として挙げられます。また、手術や免疫療法などのがん治療、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)感染症などの患者の回復を促進する効果も期待されています。さらに、一般的に多くの併存疾患を抱え、複数の薬物療法や外科手術を必要とする高齢者人口の増加が、市場の成長に寄与しています。このほか、ベータグルカンには鎮静作用、保湿作用、抗刺激作用があるため、歯磨き粉、ボディクリーナー、虫刺されクリーム、乳児用・髭剃り用製品などのパーソナルケア製品に利用されています。また、紫外線(UV)照射や皮膚の赤みを防ぐために、日焼け止めにも添加されています。さらに、個人の所得水準の向上や身だしなみに対する関心の高まりにより、パーソナルケア用品への消費支出が増加していることも、市場にプラスの影響を与えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]