ソーダ灰市場、2028年に256億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のソーダ灰市場は、2022年に188億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は5.4%のCAGRで成長し、2028年には256億米ドル規模に達すると予想されています。

ソーダ灰(Na2CO3)は、炭酸ナトリウムまたは洗濯ソーダとしても知られ、白色で無臭、無毒のナトリウムの有機塩です。一般に天然鉱床に存在し、ナトリウムを多く含む土壌で育った植物の灰からも採取することができます。ソーダ灰は塩素アルカリに属し、殺菌作用があるため、多くの産業で広く使用されています。漂白剤、染み抜き剤、除菌スプレー、洗濯用洗剤、万能クリーナー、自動食器洗い機用洗剤の重要な成分として使用されています。また、殺菌剤、殺微生物剤、除草剤、パーソナルケア製品のpH調整剤としても利用されています。

市場の動向

世界のソーダ灰市場の成長を促す主な要因の一つは、世界的に急成長しているガラス産業です。近年、自動車の販売台数の増加や建設活動の活発化により、ガラス製品の需要は大幅に増加しています。ガラスメーカー以外にも、ソーダ灰は、ケイ酸ナトリウム、クロム酸ナトリウム、重クロム酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム、過炭酸ナトリウムなどの化学製品の製造に利用されています。また、染料、着色剤、接着剤、シーリング剤の製造にも使用されます。さらに、ソーダ灰は水のpHレベルを維持するのに役立つため、石鹸、洗剤、シャンプーのメーカーに採用されています。個人衛生に対する消費者の意識の高まりから、これらの製品の需要が高まっており、ソーダ灰の販売を促進しています。また、各国の厳しい政府規制を背景とした廃水処理プロジェクトの増加が、市場の成長にさらなる影響を及ぼしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]