イワシ市場、2028年に390万トン規模到達見込み

市場の概要

世界のイワシ市場は、2022年に350万トンの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は1.31%のCAGRで推移し、2028年には390万トン規模に達すると予想されています。

イワシはピルカードとしても知られ、銀色の皮と豊かな風味の肉を持つ小型で脂ののった魚を指します。ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB12、リン、カリウム、カルシウム、鉄、セレン、オメガ3脂肪酸など、ビタミンやミネラルを多く含んでいます。イワシは、そのまま食べるだけでなく、魚粉や油に還元するなど、さまざまな用途で利用されています。さらに、イワシ油は、ワニス、塗料、リノリウムなどの製造に使用されています。

イワシは、心臓機能や骨構造の強化、コレステロール値の維持、心臓血管の健康、免疫システムの強化、筋肉組織の改善など、いくつかの健康上のメリットをもたらします。さらに、イワシは体重を減少させ、体内の塩分濃度を維持する効果もあります。これらの要因から、イワシの需要は今後数年間安定的に推移すると予想されます。さらに、イワシは同じ栄養価を持つ他の魚と比較すると、より手頃な価格となっています。このことは、世界のイワシ市場の成長を支えるものと予想されています。

主要な市場区分

イワシの世界市場は、魚種、タイプ、流通チャネル、地域に基づいて細分化されています。

魚種別の市場区分

・Sardina Pilchardus

・Sarnidrops Caeruleus

・Sardinella longiceps

・Sardinella Aurita

・Sardinella Gibbosa

・その他

タイプ別の市場区分

・缶詰イワシ

・冷凍イワシ

・生イワシ

流通チャネル別の市場区分

・スーパーマーケット・ハイパーマーケット

・コンビニエンスストア

・ホテル・レストラン

・オンライン

・その他

地域別の市場区分

・アジア太平洋地域

・中東・アフリカ

・米国

・欧州

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]