ギー市場、2028年に735億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のギー市場は、2022年に492億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は7%のCAGRで成長し、2028年には735億米ドル規模に達すると予想されています。

ギーとは、高熱でカラメル化され、純粋な脂肪に変化したバターの清澄化・無塩化物のことを指します。ギーには、タンパク質、ビタミン、カリウム、リン、カルシウム、セレン、抗酸化物質、酪酸、オメガ3やオメガ6などの必須脂肪酸が豊富に含まれています。消化を良くし、脳と心臓の健康を高め、有害なコレステロール値を下げ、ビタミンを体中に運ぶなど、数多くの健康効果をもたらします。ギーは保存がきき、香りと食感が豊かで、冷蔵を必要としないため、焼き菓子や野菜の炒め物・揚げ物などの食用油として広く使用されています。

市場の動向

ギーが持つ高い栄養価や筋力強化などの健康効果に対する消費者の認識が高まっていることは、市場成長を促進する重要な要因の一つです。このほか、ギーは肌の引き締め、コラーゲンの維持、シワの予防に欠かせない抗酸化物質とビタミンEの強力な供給源です。このことは、新鮮で若々しい肌を維持することへの注目が高まっていることと相まって、市場の成長に寄与しています。さらに、可処分所得の増加やパッケージ食品への嗜好の高まりは、純度と品質を確保するために衛生的で安全な条件で高品質の牛乳を使って作られる高級ギーへの需要を喚起しています。さらに、業界のメーカーは、保存期間を延ばし、ギーに必要な栄養素を強化するために、製造工程の改善に注力しています。このことは、食品・飲料業界の隆盛とともに、市場に有利な成長機会をもたらすものと予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]