菜種油市場、2028年に464億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の菜種油市場は、2022年に341億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は5.35%のCAGRで成長し、2028年には464億米ドル規模に達すると予想されています。

菜種油は、菜種から得られる黄金色または黄褐色の油で、通常、低温圧搾法により採取されます。この油は黒菜種と赤菜種の種子から抽出され、刺激的な香りと、ニュートラルで土っぽい、ナッツのような風味で知られています。他の食用油に比べて軽いため、サラダのドレッシングのほか、揚げ物や焼き物にも広く使われています。リノール酸、オレイン酸、α-リノレン酸などの一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸を豊富に含む油です。一価不飽和脂肪酸を多く含むため、抗酸化物質、風味、色を損なうことなく、高い揚げ物温度に加熱できる唯一の非混合油の一つです。菜種油は、消化の改善、コレステロールの減少、胆嚢機能の改善、心血管疾患のリスクの低下など、多くの健康上の利点を備えています。菜種油は、バイオディーゼル、化粧品、パーソナルケア製品など、様々な産業用途に使用されています。

市場の動向

市場は、食品・飲料、化学など様々な最終用途産業における菜種油の使用量増加により、大きく牽引されています。これに加えて、菜種油が提供する健康上の利点に関する認知度が大幅に上昇したことも、市場に弾みをつけています。さらに、大衆の食生活の嗜好の変化が、菜種油の需要に拍車をかけています。さらに、クリーム、オイル、ローション、軟膏など、多くのスキンケア製品の処方において菜種油を導入する動きが広がっていることも、有利な市場機会をもたらしています。さらに、油の製造工程における継続的な技術的進歩と、付加価値の高い製品バリエーションの発売が、市場に明るい展望をもたらしています。さらに、美容外科における傷跡の除去用途で製品が急速に利用されるようになったことも、市場を後押ししています。その他、オンラインやオフラインの組織化された小売チャネルを通じた製品の入手容易性、可処分所得水準の上昇、食物油脂に対する需要の高まり、飼料生産における製品使用の増加、大規模な研究開発活動なども、市場成長の要因として挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]