白ワイン市場、2028年に539億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の白ワイン市場は、2022年に400億6,000万米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は4.97%のCAGRで成長し、2028年には539億米ドル規模に達すると予想されています。

白ワインは、濃い色または薄い色のブドウの果汁から作られる、淡い黄色または琥珀色のアルコール飲料です。通常、白ブドウから搾った果汁を発酵させて作られ、タンニン、水分、芳香、糖分、酸、アルコールから構成されています。爽やかな飲み物として広く飲まれていますが、魚介類、鶏肉、クリュディテ、パスタ、肉のローストなど、さまざまな料理に取り入れることで味と香りを引き立てます。赤ワインに比べ、白ワインはさわやかな酸味と花のような香り、そしてピュアなフルーツの香りが特徴です。また、エピカテキン、ケルセチン、レスベラトロールなどの抗酸化物質が豊富に含まれており、ダイエットや二日酔いの軽減、病気の予防に効果があるとされています。

市場の動向

世界中で社交的な飲酒のトレンドが広がっているため、ワインの消費量が増加していることが、市場の成長を牽引する主要な要因の一つとなっています。白ワインは、お祝い事や社交の場、ロマンチックなデート、結婚式、レセプション、ブライダルシャワー、記念日、退職パーティなどで広く消費される人気のアルコール飲料です。また、食文化において、食事中や食間、デザートと一緒に食前酒として飲まれることが増えており、これも市場拡大を後押しする要因となっています。また、心血管機能の改善、代謝の向上、肺の健康、認知機能の向上、血糖値のコントロール、糖尿病やがんのリスク低減など、さまざまな健康効果に対する消費者の意識が高まっていることも、需要の拡大要因として挙げられます。このほか、農薬や除草剤、化学肥料を使用せず、廃棄物を減らし、土壌や大気、水質を改善する目的で生産された持続可能な白ワインの導入は、市場の成長にプラスの影響を与えています。その他、消費者の支出能力の向上、さまざまな電子商取引プラットフォームで簡単に製品を入手できること、新しいフレーバーの導入、肌の改善のための製品利用の増加などの要因が、市場の成長を牽引することが予想されています。

主要な市場区分

白ワインの世界市場は、製品タイプ、ボディタイプ、甘味度、販売チャネルに基づいて細分化されています。

製品タイプ別の市場区分

・リースリング

・ゲヴュルツトラミネール

・シャルドネ

・ソーヴィニヨン・ブラン

・シュナン・ブラン

・グリューナー・ヴェルトリーナー

・モスカート

・ピノ・グリージョ

・その他

ボディタイプ別の市場区分

・ライトボディ

・ミディアムボディ

・フルボディ

甘味度別の市場区分

・ドライ

・セミスイート

・スウィート

販売チャネル別の市場区分

・モダントレード

・食料品店

・コンビニエンスストア

・Eコマース

・その他

市場の競合状況

白ワインの世界市場における主要な企業としては、Accolade Wines、Casella Family Brands、Caviros Winery、Chateau Lafite Rothschild、Constellation Brands Inc.、E & J Gallo Winery、Grupo Penaflor S.A、Marchesi Antinori Srl、The Wine Group、Treasury Wine Estates、Vina Concha Y Toro、Yantai Changyu Pioneer Wine Company Limitedなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]