クリーン水素市場、2028年に35億1,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

クリーン水素の世界市場は、2022年に14億6,000万米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は15.69%のCAGRで成長し、2028年には35億1,000万米ドル規模に達すると予想されています。

クリーン水素とは、持続可能な方法によって得られる水素のことで、二酸化炭素排出量の削減に貢献するものです。クリーン水素は、再生可能エネルギーによる電気分解(グリーン水素)、または炭素回収・貯留(CCS)と組み合わせた水蒸気メタン改質(ブルー水素)によって製造することができます。クリーン水素の主な利点は、温室効果ガス(GHG)や汚染物質を直接排出することなくクリーン燃料を生産・消費できることと、幅広いクリーン生産経路が利用可能なことです。さらに、バイオマスやバイオガス、カーボンマネジメント技術によって製造された水素は、負の排出となり、大気中の二酸化炭素(CO2)排出の痕跡を取り除くことにもなります。クリーン水素は、精製・化学工業、発電・エネルギー貯蔵、自動車、重機など、幅広い用途が見いだされています。

市場の動向

クリーン水素の世界市場は、世界的に炭素代替燃料の需要が高まっていることが主な牽引要因となっています。これは、化石燃料の使用による二酸化炭素排出量の増加に関する環境問題への関心の高まりが、さまざまな最終用途産業において見られることに起因しています。さらに、数カ国の政府機関が水素経済を支援するための優遇政策やイニシアティブを実施していることも、市場に拍車をかけています。燃料電池車(FCV)充電用のクリーンな水素に対する需要の高まりは、自動車からの排出を抑制し、大気汚染を最小限に抑えるため、輸送用途でのクリーン水素の有利な成長機会を創出しています。燃料価格の継続的な上昇と、化石燃料の枯渇に対する懸念の高まりが、この市場をさらに後押ししています。このほか、地球温暖化や気候変動に対する人々の意識が高まっていることも、市場に明るい展望をもたらしています。その他、急速な工業化、可処分所得水準の上昇、主力企業による大規模な研究開発などの要因も、市場の成長に大きく貢献しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]