エレベーター・エスカレーター市場、2028年に2,036億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のエレベーターとエスカレーター市場は、2022年に1,456億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は5.60%のCAGRで成長し、2028年には2,036億米ドル規模に達すると予想されています。

エレベーターは、電気モーターによって運転され、トラクションケーブル、カウンターウェイトシステム、円筒形ピストンを上昇させるための油圧ポンプを駆動する閉鎖型キャビンです。エレベーターは、都市空間を効率的に利用し、建物内の移動を可能にする垂直移動ソリューションです。一方、エスカレーターは、建物内の人々をある階から別の階へ運ぶために使用される動く階段とコンベア輸送装置です。モーター駆動のチェーン式ステップで構成され、ステップの踏面が水平を保てるようにトラック上を上下に移動します。

市場の動向

住宅、商業施設、工業施設などでエレベーターやエスカレーターの導入が進んでいることが、市場の成長を後押しする大きな要因の一つとなっています。また、オフィス、ショッピングモール、空港、病院、ホテルなどの商業施設において、安全性と美観の向上を目的とした近代化・改修の動きが活発化していることも、市場の成長を後押ししています。また、主力企業は、予知保全、ビッグデータ分析、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、Bluetooth、Wi-Fi、長期進化(LTE)技術と統合されたスマートエレベーターとエスカレーターを導入しています。これらは、従来から使用されているエレベーターやエスカレーターと比較して、エネルギーコストを削減しながら、より高速で信頼性が高く、エレベーターやエスカレーターの運用効率と安全性を向上させることを支援します。このほか、急速な都市化、世界的な労働人口の拡大、各国政府によるスマートシティ開発への投資の拡大が、市場に明るい展望をもたらしています。さらに、既存のインフラ開発の大幅な改善や、主力企業による広範な研究開発(R&D)活動は、市場の成長を促進することが予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]