割り箸市場、2028年に268億5,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の割り箸市場は、2022年に181億米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は5.30%のCAGRで成長し、2028年には268億5,000万米ドル規模に達すると予想されています。

割り箸は、伝統的なキッチンカトラリーとして、親指と指の間で片手に持って様々な料理を食べる、均等に水平になった一対のスティックを指します。独特の風合いを持つことから、竹、アスペン、木など、さまざまな色や素材で作られています。割り箸は記憶力を高め、絵や字を上手に描く、指先を器用にする、血糖値を下げるなど、さまざまな効能があるといわれています。このほか、割り箸はコストパフォーマンスが高く、生分解性を有し、堆肥化も可能なため、食器として広く支持されています。現在では、幾何学的なデザインも含め、さまざまな素材、デザイン、スタイルの製品が販売されています。

市場の動向

高品質なキッチン用品を手頃な価格で購入したいというニーズの高まりにより、様々なクイックサービスレストラン(QSR)やファーストフードチェーンで割り箸が広く使用されており、これが主に市場の成長を牽引しています。さらに、可処分所得の増加や、箸を必要とするアジア料理への嗜好の変化も市場の成長要因となっています。また、環境問題への関心の高まりや、各国政府による森林破壊防止条例の施行も、世界的な製品需要の増加に拍車をかけています。従来の箸と比較して、割り箸はプラスチックやステンレスではなく竹でできているため、環境に優しく、廃棄も簡単です。また、耐水性や耐久性など、割り箸の利点に対する消費者の認識が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。このほか、食品・飲料(F&B)分野の大幅な拡大、革新的な製品バリエーションを上市するための主力企業間の戦略的提携、多様なオンライン・オフラインプラットフォームにおける入手容易性などが、市場の成長を大きく後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]