ヌクレオチド市場、2028年に9億9,530万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のヌクレオチド市場は、2022年に6億6,700万米ドルの規模に達しました。2023年から2028年にかけて、市場は6.7%のCAGRで成長し、2028年には9億9,530万米ドル規模に達すると予想されています。

ヌクレオチドは、リボ核酸(RNA)やデオキシリボ核酸(DNA)などの核酸の基本構成要素です。細胞内で合成されるタンパク質の構造形成や様々な代謝過程を促進します。また、酵素と協力して体内の生化学反応を促進させます。また、高分子の生合成を助け、プリン作動性受容体との相互作用により細胞シグナルを伝達します。さらに、ヌクレオチドは、体内の遺伝情報の符号化、伝達、発現を助けます。また、ヌクレオチドはヘルペスウイルスに対して高い効力と選択性を持つことから、抗ウイルス剤や抗がん剤として多くの医薬品に使用されています。

市場の動向

現在、世界中でヨーグルトや練乳、粉ミルクなどの乳製品にヌクレオチドサプリメントを利用する傾向が高まっています。これは、粉末状のサプリメントを利用できるようになったことと合わせて、市場を牽引する重要な要因の一つとなっています。このほか、栄養補助食品に含まれるヌクレオチドが、栄養不良、ストレス、高血圧などの症状を治療するために使用されるようになっていることも、市場の成長に寄与しています。さらに、さまざまなウイルス性疾患やがんを診断するための診断研究において、ヌクレオチドが使用されるケースが増加していることも、市場の成長を後押ししています。さらに、家畜の代謝率を維持するために、動物飼料に含まれるヌクレオチドの需要も増加しています。これは、動物の病気の有害な影響に関する大衆の意識の高まりと相まって、市場に好影響を与えています。このほか、免疫力を高める腸管上皮細胞の回復を促進するヌクレオチドに対する需要の高まりは、市場に明るい展望をもたらしています。さらに、乳児用食品製剤におけるリボヌクレオチドの使用量が増加していることも、市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]