遠隔医療市場、2027年に1,778億4,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の遠隔医療市場は、2021年に472億8,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は22.50%のCAGRで成長し、2027年には1,778億4,000万米ドル規模に達すると予想されています。

遠隔医療とは、診察や評価などの医療サービスを、電話回線を介して直接訪問することなく、遠隔で提供することです。遠隔医療システムには、ハードウェア、ソフトウェア、通信チャネルなど、地理的に離れた2地点間で情報をやり取りするためのいくつかのコンポーネントがあります。通信インフラを利用することで、遠隔地から効率的に医療サービスを提供することができます。さらに、経過観察、慢性疾患の管理、投薬管理、専門医との面談なども、テキスト、音声、ビデオ会議を通じて管理することが可能です。医師へのリモートアクセスは、患者が医師とつながりやすくなるだけでなく、医療費全般の削減にもつながります。そのため、医療従事者や病院は、デジタルヘルステクノロジーを診療に導入することを期待しているのです。

市場の動向

この市場は、世界中の医療分野における急速なデジタル化によって大きく牽引されています。これは、医療を大衆にとって利用しやすくするための継続的な技術の進歩に起因しています。そのため、機械学習(ML)、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)などの先端技術の統合により、世界規模で製品の普及が進んでいます。e-visitの普及は、放射線科、循環器科、精神科領域の急速な拡大とともに、新しいビジネスモデルやヘルスケアモデルの開発をもたらし、その結果、市場の成長につながっています。このほか、糖尿病やがんなどの慢性疾患の増加、低開発地域における十分な医療サービスの欠如などが、世界的に遠隔医療に対する需要を高めています。その他の市場成長要因としては、COVID-19感染拡大期におけるソーシャルディスタンス規制により、手術の延期や予約のキャンセルが相次いだこと、主要企業間の激しい市場競争、スマート薬箱など多数の革新的製品が上市されていること、幅広い研究開発(R&D)活動などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]