ユーティリティおよびエネルギー分析市場、2027年に66億米ドル規模到達見込み

市場の概要

ユーティリティおよびエネルギー分析の世界市場は、2021年に24億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は18.27%のCAGRで成長し、2027年には66億米ドル規模に達すると予想されています。

ユーティリティおよびエネルギー分析は、配電と消費に関する有用なデータをリアルタイムで分析するのに役立ちます。また、顧客の消費パターンや嗜好、意思決定に関するアクセスしにくい情報も提供します。これらの情報は、需要の予測、エネルギー制約の効果的な管理、規制遵守の徹底、不正や損失の防止、顧客満足度の向上などに役立ちます。また、電力会社による節電の促進にも役立ちます。さらに、主力企業はユーティリティおよびエネルギー分析ソリューションを提供しており、ユーティリティ企業が資産の統一的かつ包括的な表示によって業務を改善することを可能にしています。

市場の動向

急速な都市化、世界人口の増加、電化製品への依存度の高まりによる電力需要の急増は、世界中の公益事業者にインフラのアップグレードとグリッドおよび負荷効率の最大化を促しています。その結果、データ量と複雑性が増大し、世界中でユーティリティおよびエネルギー分析の採用が進んでいます。これらの分析装置は、企業が信頼性が高く安全で低コストのエネルギーを提供するのに役立っています。これとは別に、家庭用、商業用、工業用の飲料水の消費量増加に伴い、スマートウォーターメーターの利用が増加していることも、市場の成長に拍車をかけています。ユーティリティおよびエネルギー分析装置は、スマートメーターのデータと請求書情報を組み合わせてエネルギー需要を予測します。また、主力企業は、データ履歴、メンテナンス記録、稼働状況など、資産に関する情報を測定できるソリューションを提供しています。さらに、運用に関する深い洞察が得られるため、電力会社がコストのかかる時間ベースの資産管理から、より情報に基づいた信頼性ベースのアプローチへの移行を支援することができます。加えて、複雑な履歴分析とレポート作成のニーズを満たすために新しいアプローチが重要であるため、ユーティリティおよびエネルギー分析装置の需要は世界中で増加しています。

主要な市場区分

ユーティリティおよびエネルギー分析の世界市場は、タイプ、導入形態、用途、業種に基づいて細分化されています。

タイプ別の市場区分

・ソリューション

・サービス

導入形態別の市場区分

・クラウド型

・オンプレミス型

用途別の市場区分

・負荷予測

・カスタマーアナリティクス

・グリッドアナリティクス

・アセットマネジメント

・スマートメーター・アナリティクス

・その他

業種別の市場区分

・石油・ガス

・再生可能エネルギー

・原子力発電

・電気

・水

・その他

市場の競合状況

ユーティリティおよびエネルギー分析の世界市場における主要な企業としては、ABB Ltd.、BuildingIQ Inc.、Capgemini SE、International Business Machines Corporation、Oracle Corporation、SAP SE、SAS Institute Inc.、Schneider Electric SE、Siemens AG、Salesforce.com Inc.、Teradata Corporation、TIBCO Software Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]