集光型太陽熱発電(CSP)市場、2027年に96億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の集光型太陽熱発電市場は、2021年に51億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は10.9%のCAGRで成長し、2027年には96億米ドル規模に達すると予想されています。

集光型太陽熱発電(CSP)は、クリーンなエネルギーである太陽光を利用して発電する発電方法であり、太陽光を利用して蒸気を発生させ、タービンを駆動させることができます。CSPシステムには蓄電機能があり、曇りの日や日照時間が短い場合でも発電することができます。現在、世界の多くの国で電化計画が進んでいることから、CSPシステムの販売が増加しています。

市場の成長要因

世界中で二酸化炭素の排出を抑制するために、再生可能エネルギーによる発電の需要が大幅に増加していることが、市場に明るい展望をもたらす重要な要因の一つです。太陽熱発電は、安価でエネルギーコストを削減できることから、再生可能エネルギーの中でも主流の発電源となっています。そのため、いくつかの国では、発電用の太陽電池パネルの設置に投資しています。これに伴い、各国の政府機関は、税額控除や設置費用の補助を行うことで、再生可能技術の普及を推進しています。さらに、CSP発電所は稼働率が高く、LCOE(平準化電力コスト)が低いことから、蓄熱塩の需要が高まっていることも市場の成長に寄与しています。その他の主な成長要因としては、蓄熱塩の熱伝導と蓄熱能力を向上させる技術の進歩や、再生可能エネルギー発電所での効率的な蓄熱製品の採用が進んでいることなどが挙げられます。

主要な市場区分

世界の集光型太陽熱発電市場は、テクノロジーとアプリケーションに基づいて細分化されています。

テクノロジー別の市場区分

・パラボリックトラフ

・リニアフレネル

・ディッシュ

・パワータワー

アプリケーション別の市場区分

・ユーティリティ

・EOR

・海水淡水化

・その他

市場の競合状況

世界の集光型太陽熱発電市場における主要な企業としては、Aalborg CSP A/S, Abengoa, Acciona, ACWA Power, BrightSource Energy, Inc., Chiyoda Corporation, Enel Spa, INITEC Energia, Siemens Energy(Siemens AG), Soltigua S.r.l.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]