獣医診断市場、2027年に91億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の獣医診断市場は、2021年に55億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は8.83%のCAGRで成長し、2027年には91億米ドル規模に達すると予想されています。

獣医診断は、動物の疾患の存在を検出するために実施されるさまざまな検査を指します。家畜、野生動物、ペット動物の血液、糞便、組織のサンプルを分析することによって実施されます。これらの検査は、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)、リアルタイムポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)、in situハイブリダイゼーション(ISH)、免疫組織化学(IHC)、遺伝子配列決定などの様々な技術に基づいて行われます。主な検査項目としては、健康な動物で病気を発見するために行われるスクリーニング検査と、臨床的に病気の動物で病気の状態を分類するために行われる確認検査があります。そのため、病理学、細菌学、毒物学、栄養学、ウイルス学の検査センターで一般的に実施されています。

市場の動向

世界中の都市部のライフスタイルの向上に起因するコンパニオンアニマルの飼育数の大幅な増加は、市場の成長を牽引する重要な要因となっています。さらに、人獣共通感染症や食中毒の発生件数が増加していることも、市場の成長を牽引しています。動物由来食品の需要が高まる中、ペットや家畜を通じて人間が感染する可能性のある人獣共通感染症の消化器疾患、ウイルス感染症、結核、狂犬病を検出するための獣医診断サービスへのニーズが高まっています。さらに、改良型イムノアッセイ、バイオセンサー、核酸検出のための非ポリメラーゼ連鎖反応技術、疾病診断のためのプロテオミクスなどの様々な技術的進歩も、市場の成長要因として作用しています。また、獣医師が病気の診断に迅速検査や携帯用機器を効果的に使用するようになっています。その他、鶏肉産業や農業の著しい成長、動物の健康管理のためのコスト負担の増加などが、市場をさらに牽引することが予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]