サングラス市場、2027年に471億9,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

サングラスの世界市場は、2021年に343億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.30%のCAGRで成長し、2027年には471億9,000万米ドル規模に達すると予想されています。

サングラスは、目にダメージを与え不快感をもたらす明るい太陽光や高エネルギーの光を防ぐために使用される保護用アイウエアです。ガラス、プラスチック、カーボンファイバーなど、さまざまなレンズ素材を使用して製造されています。これらのレンズは、一般的に偏光レンズと非偏光レンズに分かれており、また着色レンズと非着色レンズがあり、日常生活での使用に適しています。偏光レンズは、光を遮断し、反射面や鮮やかな表面からの明るさを最小限に抑えるように作られています。一方、非偏光レンズは、光の強さを軽減させる効果があります。現在、サングラスを斬新なパッケージでプレゼントするという新たなトレンドが、世界中で広がりを見せています。

市場の動向

紫外線を防ぐために野外活動でサングラスを使用する人が増えていることが、世界的な市場成長の主な要因の一つとなっています。また、購買力の向上や高級サングラスへの嗜好の高まりも、市場の成長を後押ししています。さらに、人々の健康意識の高まりによるスポーツ関連活動やレクリエーション活動への参加の増加が、サングラスの需要を促進しています。また、製品メーカーは、サングラスに反射防止、曇り止め、マグネット式クリップオン、カスタマイズ可能なノーズパッドなどを組み込んだ新製品を発表しています。また、ユーザーの視力に合わせて凸レンズや凹レンズを使用してメガネのようにカスタマイズすることも可能で、これは市場に明るい展望をもたらしています。さらに、オンラインチュートリアルやレビュー、インフルエンサーによるソーシャルメディアキャンペーン、有名人の推薦などが、サングラスの売上を伸ばし、大衆の間でブランド認知度を高める要因になっています。これに加えて、様々な形やデザインのユニークなサングラスを提供するブランドショップやeコマースサイトの増加が、市場で事業を展開する主力企業に有利な成長機会をもたらしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]