代替甘味料市場、2027年に58億5,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の代替甘味料市場は、2021年に44億2,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.60%のCAGRで成長し、2027年には58億5,000万米ドル規模に達すると予想されています。

代替甘味料とは、様々な食品や飲料の甘味や風味を高めるために広く採用されている低カロリーの添加剤を指します。スクラロース、アスパルテーム、アセスルファム-kなど、複数の成分から天然または合成で調製されます。砂糖とは異なり、代替甘味料は高い甘味度を有するため、濃度を下げて使用されます。このほか、低グリセミック指数を示すため、消費財を摂取した後のインスリンレベルを維持するのに効果があります。代替甘味料はまた、虫歯のリスクを軽減し、健康的な体重を確保するのに役立ちます。そのため、菓子、乳製品、医薬品、動物飼料、ベーカリー、飲料などの保存期間や風味を改善するための幅広い用途が見いだされています。現在、代替甘味料は主に高強度タイプと低強度タイプに分かれています。

市場の動向

食品・飲料(F&B)分野の大幅な拡大と、無糖のRTE(ready-to-eat)やRTD(ready-to-drink)のニーズの高まりが、主に市場の成長を牽引しています。さらに、可処分所得の増加、多忙な生活スケジュール、消費者の嗜好の変化が、市場成長を後押ししています。さらに、健康への関心が高まり、糖尿病や肥満の増加により、健康関連の問題を軽減するための低カロリー甘味料の需要が高まっており、これも市場成長を促進する要因となっています。これに伴い、オンラインとオフラインの多様な流通チャネルで天然および合成代替甘味料が入手可能であることに関する消費者の意識の高まりが、市場の成長に寄与しています。その他、時間と費用を抑えて大量生産を可能にする高度な製造ソリューションの導入や有機代替甘味料を発売するための主要企業間の活発な合併・買収(M&A)などの要因も、市場に明るい展望をもたらしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]