キャンプ用品市場、2027年に214億9,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

キャンプ用品の世界市場は、2021年に147億2,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.20%のCAGRで成長し、2027年には214億9,000万米ドル規模に達すると予想されています。

キャンプ用品は、野外活動中のトレッカーやハイカーに安全性と快適性を提供するために設計された、さまざまな個人用機材や アクセサリーのことを指します。テント、キャンプテーブル、バッグパック、キャンプ用枕、懐中電灯、スリーピングパッド、調理器具システム、各種保護具などが一般的な製品として挙げられます。キャンプ用品は、カスタマイズ可能で、コストパフォーマンスが高く、持ち運びが簡単で、個人の必要に応じて組み立てたり分解したりすることができます。このほかにも、旅行中に食べ物や飲み物を持ち運ぶことができ、厳しい気象条件からユーザーを保護し、複数のキャンプ用品を持ち運ぶことによる身体的負担を軽減することができます。そのため、キャンプ用品はアウトドアやレジャーを楽しむ人々に使用されています。現在では、多様な形状、サイズ、素材のものが販売されています。

市場の動向

観光分野の著しい成長、個人の趣向に合わせた旅行体験に対するニーズの高まり、さまざまなキャンププログラムやアウトドアレクリエーション活動の導入などが、市場の成長を大きく牽引しています。また、健康志向の高まりや、心身の健康増進など、キャンプがもたらすさまざまなメリットに対するユーザーの意識の高まりが、各種のキャンプ用品の売上をさらに後押ししています。これに伴い、環境に優しくカスタマイズ可能な防水テント用品や、ウェア、ギア、照明システム、シューズなどの高機能な登山用品の登場が、市場の成長を促しています。また、コストパフォーマンスや持続可能性、効率性や収納性の高さから、キャンプ用品のレンタルサービスが利用できるようになったことも、市場の成長に寄与しています。その他、複数の流通チャネルで様々なキャンプ用品が入手可能であることや、ソーシャルメディアプラットフォームでのビデオオンデマンド観光・旅行の取り込みが拡大していることなども、市場の成長を積極的に後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]