細胞治療市場、2027年に270億5,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の細胞治療市場は、2021年に91億7,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は18.60%のCAGRで成長し、2027年には270億5,000万米ドル規模に達すると予想されています。

細胞治療(CT)は、損傷した組織や細胞を置換または修復するためにヒトの細胞を移植することです。造血幹細胞(HSC)、骨格筋および間葉系幹細胞、リンパ球、樹状細胞および膵島細胞から構成されています。また、がん細胞と闘うための免疫力を向上させる効果があります。このほか、自己免疫疾患や感染症、排尿障害、関節軟骨の損傷、脊髄損傷、免疫力の低下、神経疾患など、さまざまな症状の治療にも役立っています。現在では、加齢や病気、損傷によって失われた組織や臓器の機能を回復させるための新しい治療法を開発・適用するための再生治療薬の製造に使用されています。

市場の動向

現在、世界的にがんや心臓疾患など様々な疾病が増加しています。このことは、細胞を用いた治療法の臨床研究数の増加とともに、市場を牽引する重要な要因となっています。これに加えて、数カ国の政府機関が世界中で臨床試験を推進しており、これが市場の成長に寄与しています。さらに、市場の主力企業は、皮膚の若返りや腱の再生治療を導入するために研究開発(R&D)活動に大規模な投資を行っています。また、神経変性や神経外傷により失われた神経組織を代替するための直接的な細胞再プログラムの開発にも注力しています。さらに、嚢胞性線維症、心臓病、糖尿病、血友病、後天性免疫不全症候群(AIDS)など、さまざまな病気を治療するための高度なゲノム治療技術の開発が進んでいます。このことは、医療業界の急成長と相まって、市場の成長を促進しています。このほか、病気や外傷、先天的な問題によって損傷を受けた組織や臓器を補うための再生医療への需要が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]