着圧ストッキング市場、2027年に20億3,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

着圧ストッキング市場は、2021年に14億5,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.60%のCAGRで成長し、2027年には20億3,000万米ドル規模に達すると予想されています。

着圧ストッキングは、足首やふくらはぎを優しく圧迫して、血流を改善し、血栓の形成を抑制し、痛みを軽減するものです。そのため、浮腫、リンパ浮腫、静脈炎、クモ状静脈、下肢静脈瘤、深部静脈血栓症(DVT)などの予防に役立ちます。また、妊娠中の静脈不全に伴う下肢の症状の改善にも役立ちます。これに加えて、起立性低血圧(OH)の個人のための非薬理学的治療法として使用することができます。一般的に使用される着圧ストッキングには、段階的着圧ストッキング(GCS)、抗エンボリズムストッキング、非医療用サポートストシーリングスなどがあります。

市場の動向

慢性静脈疾患(CVD)は広がりを見せていますが、治療法が確立されておらず、慢性静脈不全(CVI)や静脈性下腿潰瘍(VLU)へと進行し、大掛かりな治療や入院を余儀なくされる場合があります。このことは、座りっぱなしのライフスタイルによる肥満の増加とも相まって、市場の成長を後押しする重要な要因の一つとなっています。このほか、着圧ストッキングを用いた圧迫療法は、潰瘍の治癒、痛みの軽減、再発の防止にその効果をもたらすため、VLUの治療に役立ちます。また、静脈を狭め、弁の機能を回復させ、外来静脈圧を最小にし、静脈還流(VR)を減少させる効果もあります。さらに、炎症性サイトカインを減少させ、毛細血管からの体液漏れを減少させ、手足の浮腫を緩和する効果もあります。さらに、主力企業は、ランナーやトライアスロン選手、その他の持久系アスリートに着圧ストッキングを販売するための積極的なプロモーション活動に注力するようになっています。これらのストッキングは、身体活動中の血液循環を高め、運動能力を向上させ、迅速な回復を可能にします。このことは、急成長するスポーツ産業とともに、全体的な売上と収益性を拡大させています。さらに、世界中で老年人口が増加していることも、市場の成長を後押しすることが予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]