ハイブリッド手術室市場、2027年に18億6,272万米ドル規模到達見込み

市場の概要

ハイブリッド手術室市場は、2021年に9億5,338万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は11.20%のCAGRで成長し、2027年には18億6,272万米ドル規模に達すると予想されています。

ハイブリッド手術室(HOR)は、従来の手術室と高度な医療用画像処理機能を組み合わせた外科用ワークスペースです。血管造影、コンピュータ断層撮影(CT)、磁気共鳴画像装置(MRI)、その他の術中画像診断システムなどが含まれます。ハイブリッド手術室は、低侵襲(MI)手術、高品質のインターベンショナルイメージング、高度に複雑な開腹手術に広く使用されています。ハイブリッド手術室は、効率性の向上、リスクの最小化、患者の安全性の強化、手術コストの削減を実現しながら、臨床医がひとりで患者の診断と治療を行えるように支援します。そのため、神経外科、心臓血管外科、胸部外科、整形外科の手術に広く使用されています。

市場の動向

世界のHOR市場は、回復時間の短縮、術後合併症の減少、傷跡の最小化により、MI手術の需要が増加していることが主な成長要因となっています。さらに、老人人口の増加、神経疾患や心血管疾患(CVD)などの慢性疾患や生活習慣病の有病率の増加なども、市場の拡大要因として作用しています。さらに、正確な治療のために患者の解剖学的構造の3次元(3D)画像でオペレーターを支援する拡張現実(AR)の統合が、市場の成長に拍車をかけています。さらに、ソフトウェアシステムにおける人工知能(AI)の活用により、スキャニング用途における手順の選択と準備、放射線照射の設定が最適化されることが、市場に明るい展望をもたらしています。その他、医療インフラの改善への投資の増加、消費者の支出能力の向上、ロボット工学の最近の技術的進歩、広範な研究開発(R&D)活動などの要因が、市場の成長を牽引することが予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]