硬質プラスチック包装市場、2027年に2,960億5,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の硬質プラスチック包装市場は、2021年に2,165億5,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.10%のCAGRで成長し、2027年には2,960億5,000万米ドル規模に達すると予想されています。

硬質プラスチック包装とは、新しいボトルや容器の包装に、ポリプロピレン(PP)、高密度ポリエチレン(HDPE)、ポリエチレン(PET)などのプラスチック材料を利用することを指します。軟包装よりも丈夫で重く、強度もあるため、壊れやすい食品を包装して保護する目的で使用されることが多くあります。このような製品には、リサイクル可能なプラスチック容器で、上部が開いており、一般に入れ子式の食品容器とみなされるクロージャー、蓋、カバーがあります。硬質プラスチック包装の主な利点は、低コストで長持ちすることです。そのため、食品・飲料、農業、医療、自動車、パーソナルケアなど、さまざまな産業で幅広い用途が見いだされています。

市場の動向

世界の硬質プラスチック包装市場は、食品や飲料の包装に使用されるボトル、ジャー、コンテナ、バッグの需要の高まりが主な原動力となっています。これは、世界中の食品・飲料(F&B)産業が大きく成長していることに起因しています。また、パッケージ商品の消費量の増加や、eコマース産業の隆盛も、市場を活性化させています。医薬品を汚染物質から保護するために硬質プラスチック包装を導入する動きが活発化しているため、ヘルスケア分野での製品採用が進んでいます。また、生分解性硬質プラスチック包装に関する消費者の意識の高まりは、市場の重要な成長要因として作用しています。さらに、自動車産業における継続的な技術の進歩が、市場に明るい展望をもたらしています。その他、製品の安全基準に関する政府の厳しい規制、世界規模での建設活動の拡大、急速な都市化と工業化、大衆の可処分所得の増加、大規模な研究開発活動なども、市場の成長要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]