LNGバンカリング市場、2027年に41億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のLNGバンカリング市場は、2021年に25億3,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は8.10%のCAGRで成長し、2027年には41億米ドル規模に達すると予想されています。

LNGバンカリングとは、船舶が消費するLNG燃料を提供することであり、船舶のタンクへの燃料の積み込みや分配も含まれます。LNG燃料のバンカリングでは、燃料を積んで貨物船や客船に移すバンカー船が、硫黄含有量の規制を守ることが求められます。LNG燃料は硫黄含有量が少なく、硫黄含有量を満たすための処理も比較的少なくて済むため、従来の燃料に代わる環境に優しい船舶用燃料として利用されています。LNGは、硫黄分や粒子状物質の排出をほとんど気にすることなく、窒素酸化物の排出を大幅に削減することができます。LNGは船舶用燃料として、排出ガスの削減、運航・輸送コストの低減、安全性、無毒性など多くの利点があります。

市場の動向

市場は、持続可能な開発を重視し、船舶用燃料としてLNGを導入する動きが活発化していることが主な要因となっています。この背景には、船舶用燃料に含まれる硫黄分や船舶輸送による汚染に関する厳しい環境規制があります。これに伴い、LNGの流通インフラの継続的な進歩が市場に拍車をかけています。さらに、世界各地でガス探査と生産活動が大幅に増加していることも、市場に明るい展望をもたらしています。さらに、世界各地でトラック・トゥ・シップ方式によるLNG燃料補給が大幅に増加していることも、市場を牽引しています。このほか、主要な海運拠点でLNG燃料が容易に入手できることも、市場に好影響を与えています。また、LNGを燃料とする船舶が上市された結果、LNG製造・貯蔵施設が急速に発展していることも、市場の成長を促す重要な要因となっています。その他、急速な都市化と工業化、化石燃料の枯渇に対する懸念の高まり、主力企業による大規模な研究開発(R&D)活動なども、市場に貢献する要因の一つとなっています。

主要な市場区分

世界のLNGバンカリング市場は、製品タイプおよび用途に基づいて細分化されています。

製品タイプ別の市場区分

・シップ・ツー・シップ

・トラック・ツー・シップ

・ポート・トゥ・シップ

・ポータブルタンク

用途別の市場区分

・カーゴフリート

・コンテナ船

・タンカー船隊

・フェリー

・内航船

・その他

市場の競合状況

世界のLNGバンカリング市場における主要な企業としては、Broadview Energy Solutions B.V., Crowley Maritime Corporation, Gasum Oy, Harvey Gulf International Marine LLC, Korea Gas Corporation, Petroliam Nasional Berhad (PETRONAS), Shell plc, SHV Energy NV (SHV Holdings), TotalEnergies SE, Trelleborg ABなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]