太陽光発電用ガラス市場、2027年に348億8,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

太陽光発電用ガラスの世界市場は、2021年に93億2,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は22.50%のCAGRで成長し、2027年には348億8,000万米ドル規模に達すると予想されています。

太陽光発電(PV)用ガラスは、透明な半導体ベースのPVまたは太陽電池を利用して太陽エネルギーを電気に変換する、特別に設計された建築用ガラスです。通常、窓や天窓、屋根、ファサードに設置され、建物全体の電力に利用できるエネルギーを生み出すために広く利用されています。薄膜系太陽電池にはスーパークリアフロートガラスが、結晶系太陽電池にはウルトラクリアフィルムガラスが使用されています。太陽光発電用ガラスは持続可能なエネルギー源を利用するため、住宅や商業施設において従来の建材を徐々に置き換えつつ、世界中で急速に普及が進んでいます。

市場の動向

世界の太陽光発電用ガラス市場は、持続可能な開発への関心の高まりによるグリーン建築への志向が主な原動力となっています。これに伴い、クリーンエネルギーの導入を促進するため、太陽光発電所の建設や改修を支援する政府による様々な取り組みが、市場の成長に拍車をかけています。また、高い発電効率と優れた断熱性を持つ人間工学に基づいたPVガラスの開発など、継続的な製品の技術革新も市場の成長要因となっています。このほか、固定価格買取制度(FIT)の普及により太陽光発電用ガラスの生産コストが削減されたことも、市場に明るい展望をもたらしています。また、広範な研究開発活動、化石燃料の枯渇に対する懸念の高まり、環境悪化の抑制に対するニーズの高まりなどの要因も、世界市場で事業を展開する主力企業に有利な成長機会をもたらしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]