複合現実市場、2027年に77億6,748万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の複合現実市場は、2021年に7億5,581万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は43.70%のCAGRで成長し、2027年には77億6,748万米ドル規模に達すると予想されています。

複合現実(MR)とは、現実世界と仮想世界を融合させ、デジタルと現実の両方のオブジェクトやそのデータが共存し、相互に作用する新しい視覚化技術および環境を創り出す新しい技術のことを指します。複合現実は、仮想現実と拡張現実の利点を兼ね備えているのが特徴です。複合現実は、プロジェクターで半透明な素材に映像を投影し、それを光線分割装置で反射させて視覚に訴えるものです。用途としては、保守・運用、設計・開発、生産、レポート・分析、品質管理・物流など、さまざまなものが挙げられます。そのため、MRは教育、医療、建築、航空宇宙・防衛など、さまざまな業界で広く利用されています。

市場の動向

臨場感あふれるゲームを開発し、ユーザーに没入感を与えるために、ゲームやエンターテインメント産業で複合現実を導入する動きが広がっていることが、世界の複合現実市場を牽引しています。これに加えて、コンセプトの理解を深めるために3D画像やインフォグラフィックスを使用して学習をよりインタラクティブにするために、教育分野でMRの利用が増加していることが、製品需要をさらに押し上げています。さらに、キーボードやフラットディスプレイをコラボレーションやコミュニケーションのための全く新しいパラダイムへと置き換えるためのハードウェアデバイス、プラットフォーム、ソフトウェアエコシステムへの大規模な投資も、市場の成長を促しています。このほか、プロセスの効率化と標準的なサプライチェーンを実現するために、建築やインテリアデザインにおける複合現実の利用が増加していることも、世界市場に明るい展望をもたらしています。さらに、保守や配送サービスなど、さまざまな現場作業におけるウェアラブルのMR活用の増加も、重要な成長要因として作用しています。このほか、診断、トレーニング、手術、治療、リハビリテーションにおいて医師や医療専門家に高度な支援を提供するために、医療分野における複合現実の利用が拡大していることも、市場の成長を促しています。さらに、現実世界の特定のサウンドをフィルタリングするARイヤホンなど、さまざまな技術開発もMRの性能を向上させ、より幅広い用途に利用できるようになっています。これらの要因により、予測期間中、世界の複合現実市場の成長が加速すると期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]