タバコ包装市場、2027年に203億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のタバコ包装市場は、2021年に169億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は3.25%のCAGRで成長し、2027年には203億米ドル規模に達すると予想されています。

タバコは、ナス科の植物で、ニコチンを多く含むために消費されます。タバコ包装産業では、タバコ、葉巻、無煙タバコ、生タバコなどの製品のために、乾燥したタバコの葉を包装します。この包装によって、製品の品質や風味が劣化したり、輸送中に香りが移ったりするのを防ぎ、品質を向上させることができます。板紙、紙箱、プラスチックフィルム、金属缶、麻袋、フォイル、ラミネートなどが、市場で入手可能な一般的なタバコ包装材の種類です。タバコの商業包装やバルク包装には、ヒンジリッド容器、シェル、スライド、バンドルラップのほか、フリップトップパック、シュリンクスリーブ、三方シール袋、スタンドアップパウチなど、さまざまな形態のフレキシブル包装があります。

市場の動向及び成長要因

都市化の進展と若者の間でのタバコ人気の高まりが、市場成長の主な要因となっています。さらに、ストレスの多い生活、仕事量の増加、多忙なスケジュールなどが、労働者層におけるタバコの消費を後押ししています。タバコに含まれるニコチンは、刺激剤や抗うつ剤として作用し、消費者が日々のストレスに対処するのに役立ちます。また、女性をターゲットにしたスーパースリムやデミスリムタバコ、RYOC(Roll-Your-Own-Cigarettes)、無添加やミニサイズのタバコなどの新製品が登場し、タバコの需要をさらに高めています。さらに、消費者とのコミュニケーションや興味を引くために上市される限定版パック、カーブドエッジパック、スライドオープンパックなど、さまざまな製品やデザインのイノベーションが世界市場を大きく牽引すると予測されています。同様に、フレキシブル包装材も、そのバリア性とコストパフォーマンスの高さから、タバコの包装材として人気を博しています。

主要な市場区分

タバコ包装市場は、材料タイプ、包装タイプ、最終用途、地域に基づいて細分化されています。

市場の競合状況

タバコ包装市場における主要な企業としては、Amcor Limited、China National Tobacco Corporation、Innova Films、Phillip Morris International、ITC Limited、International Paper、Japan Tobacco International、Siegwerk Druckfarben AG & Co. KGaA、WestRock Company、Sonoco Products、Smurfit Kappa Group plc、Mondi Group、Reynolds Group、Oracle Packagingなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]