タンパク質精製・分離市場、2027年に134億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のタンパク質精製・分離市場は、2021年に75億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は9.91%のCAGRで成長し、2027年には134億米ドル規模に達すると予想されています。

タンパク質の精製・分離とは、細胞、生物、組織などの複雑な混合物から、ある種類のタンパク質を分離するために行われる一連のプロセスを指します。これらのプロセスは、核酸、エンドトキシン、ウイルスなどの不純物を分離、濃縮、安定化、除去し、タンパク質の研究を行う上で必須となります。最初の材料を決定し、酵素の進行状況を把握するための精製表を作成します。精製法は、主にタンパク質の機能、構造、相互作用を分類するために利用されます。一般的に使用されるタンパク質の精製・分離方法としては、アフィニティークロマトグラフィー、免疫沈降法、プロテオミクス、酵素アッセイなどがあります。

市場の動向

世界的に製薬産業が急成長していることが、この市場の成長を促す主な要因となっています。また、各国の政府機関は、税制優遇措置や助成金の提供、製薬・バイオテクノロジー分野への投資に適した規制など、有利なイニシアチブをとっています。このような取り組みは、メーカーが新薬開発のための研究開発に取り組むことにプラスの影響を与えており、市場の成長に大きく貢献しています。さらに、新たなリガンドを同定する必要性が高まっており、タンパク質サンプルのスクリーニング、準備、精製、濃縮を支援する精製キットが開発されています。加えて、磁気ビーズやタンパク質ビーズ、リガンドタギングシステム、自動分析装置の導入など、いくつかの技術的進歩が市場の成長に拍車をかけています。その他、学術機関における構造的・機能的プロテオミクスの研究活動の活発化、詳細なキネティック解析、医薬品開発企業による前臨床試験の委託件数の増加なども、市場の成長をさらに加速することが予想されています。

主要な市場区分

世界のタンパク質精製・分離市場は、技術、製品、アプリケーション、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

技術別の市場区分

限外ろ過

析出法

分取クロマトグラフィー

・アフィニティークロマトグラフィー

・イオン交換クロマトグラフィー

・逆相クロマトグラフィー

・疎水性電荷誘導クロマトグラフィー

・サイズ排除クロマトグラフィー

電気泳動法

・ゲル電気泳動法

・等電点電気泳動法

・キャピラリー電気泳動法

ウェスタンブロッティング

透析・ろ過

遠心分離

製品別の市場区分

機器

消耗品

・タンパク質精製キット

・タンパク質精製用試薬

・プレパックドカラム

・タンパク質精製用レジン

・磁気ビーズ

・その他

アプリケーション別の市場区分

・薬物スクリーニング

・タンパク質-タンパク質相互作用研究

・バイオマーカー探索

・ターゲットの同定

・疾患診断およびモニタリング

・タンパク質治療薬

エンドユーザー別の市場区分

・病院・診断センター

・学術研究機関

・製薬・バイオテクノロジー企業

・開発業務受託機関(CRO)

市場の競合状況

世界のタンパク質精製・分離市場における主要な企業としては、Abcam plc、Agilent Technologies Inc.、Bio-Rad Laboratories Inc.、General Electric Company、Merck KGaA、Norgen Biotek Corp.、Promega Corporation、Purolite、Qiagen N.V.、Thermo Fisher Scientific Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]