バス・シャワー用品市場、2027年に609億米ドル規模到達見込み

市場の概要と動向

バス・シャワー用品の世界市場は、2021年に454億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.1%のCAGRで成長し、2027年には609億米ドル規模に達すると予想されています。

バス・シャワー用品は、身体の洗浄、角質除去、保湿に役立つパーソナルケア製品です。緊張した筋肉を和らげ、肌に爽快感を与え、個人の衛生状態を維持するのに役立ちます。水、乳化剤、エモリエント剤、保湿剤、界面活性剤、防腐剤、香料などが配合されています。現在、バス・シャワー用品は、ジェル、バー、オイル、クリーム、スプレー、パウダー、ローションなどの形で一般的に販売されています。

バス・シャワー用品市場は、所得水準の上昇と個人の衛生意識の高まりを背景に成長しています。また、シアバター、アロエベラ、ティーツリー、グリセリン、アーモンドオイル、アルガンオイル、フルーツエキスなどの天然成分やオーガニック成分を使用した多機能な製品の需要も高まっています。さらに、環境問題への関心の高まりを受けて、主要メーカーは、持続可能でリサイクル可能な、環境にやさしいパッケージで製品を提供することに注力しています。また、さまざまなユーザーの肌や髪のタイプに合わせて、クレイやサリチル酸などの有効成分を配合した製品を発売しています。さらに、コロナウイルス感染症(COVID-19)の蔓延により、バス・シャワー用品などのパーソナルケア用品の需要が、主にオンライン流通チャネルを通じて大幅に増加しています。これは、各国の政府がパンデミックの拡大を防ぐためにロックダウンを実施したり、人々がソーシャル・ディスタンスをとるようになったことが原因と考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]